読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

持ち帰り仕事はほどほどに。。。

持ち帰り仕事

今日、私が家でずっと持ち帰り仕事をしていたら、

 

『どうして、こんなに仕事頑張ってるのに、給料安いの?

頭に来ちゃうねもう!!!』

 

と妻が私の会社に対して、文句を言ってた。

(私以外の誰にも届かないと思うが。。。)

 

 

言われて思った事。

 

家に一緒にいても、

持ち帰り仕事が日常化していると、

妻としては、私が仕事をしている事には変わりが無いわけで、

家族として時間を過ごしているように思われない。

 

持ち帰り仕事は言ってみればただ働きな訳で、

労働リソースを安売り、切り売りしており、

直接的には給料に反映されない。

なので、頑張っているけれど、お金にならない時間であり、

妻から見ても、応援は出来ない様子。

 

 

仕事を早く終わらして変える。

そして、持ち帰り仕事をしない。

これが、理想。。。

 

それでいながら、

妻曰く、給料もっと沢山もらえるように、出世しろとの事。

 

う~ん悩ましい。

 

教訓:

持ち帰り仕事は程ほどに。

成果も大切だけれど、いかにして時間をかけずに結果を出すかが大切。