読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

接待を受けるという事

立場上というか、なんというか。。。

施主という立場の為、接待については、

接待する側ではなく、受ける側になる事がある。

 

 

1.お誘いを受けて

 

接待を受けるというと、うらやましがられるが、

実際は、そんなことは無い。(断言)

 

 

まず、先方(ゼネコン、サブコン等)から、飲み会でもしませんか?

とお誘いがある。

 

「いいね!」

と簡単に答える事が出来ればいいのだが、

そんな事は無い。

 

なぜ、相手が接待をしたいのか?

それは、利権が絡むからであって、こっちにとって得な事は少ない。

 

不利になる接待を受けることは、会社にとっても自分にとっても少ない。

 

なので、基本、接待は受けない。

 

 

それでも、接待を受ける場合は、

こちらが不利になる事だけでは無く、こちらにもメリットがある場合のみ参加する事にしている。

 

具体的には、プロジェクトが終わった後の打ち上げ的な飲み会。

無事終わった後であれば、プロジェクトのお金の支払いも終わっており、しがらみが無い。

 

悩むのは、顔合わせ的な飲み会。

お互い、コミュニケーションを取った方がプロジェクトが進む事は確かだが、

接待を受けると言いづらくなる事もある。

 

なので、悩む。

 

 

2.接待を受けるまで

 

接待を受けるとなったら、

まず、直属の上司に相談。

 

取引先の○○から飲み会の誘いを受けました。

行ってもいいですか?

 

てな感じ。

 

相談をして、止めた方がいいと言われる事もあれば、

行ってきたらと言われたる事もあれば、

場合によっては勝手にしたら?と言われる事もある。

 

 

仮に相談をせず、飲み屋で会社の人と会った場合はかなり気まずい。

こんな事で面倒な事に巻き込まれるのは嫌だ。

 

 

3.お店の選択

 

高すぎず、安すぎず。

 

世間的な交際の範囲といえば、一人あたり¥5,000程度といった所であろうか。

 

高級料亭は当然無理。

かといって、間仕切りの無い、一杯酒屋は勘弁。

 

間仕切りがあってかつ、¥5,000程度で収まる所。

 

 

4.飲み会当日

 

お酒も飲んでもビール。

高い日本酒やワインには手を付けないようにしている。

 

そして、二次会には絶対に行かない。

 

先方が勝手に二次会をする分には気にしないが、

誘われても断固として行かない。

 

 

5.翌日

 

上司に飲み会の内容を報告。

(雰囲気、時間等)

 

先方へお礼の連絡。

 

 

 

楽しい飲み会は、

プロジェクトが終わった後の人数会わせに呼ばれる飲み会。

 

現場担当者から、

私が行くことで、先方の会社の接待費で落ちるので、来て欲しいというお誘い。

 

実際に飲み会に参加される方も

先方の現場の方々。営業担当者はいても1,2人の飲み会。

 

話の内容も現場の話や、担当者の個人的な話がメインとなる為、

その場にいる事が私にとっても会社にとっても不利にならない。

 

そんな事ながら飲むお酒は、おいしいとか、まずいとかいうレベルでは無く

酔えない。もっと言うと酔ってはいけない。

 

バカ言って、どんちゃん騒ぎしてなんて飲み会は無い。。。

 

施主って立場っておいしいなんて事は無い。。。