読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

総務職?

私の仕事は、技術職だと思っている。

しかし、総務や購買部門と給料体系も、時間管理の方法も一緒。

つまり、スタッフ部門の一部として存在している。

 

立場的には、総務や購買部門の方が上。

これやっておいてとふられる事が多い。

 

私の仕事の大半はルーチン業務では無く、企画。

やったことがないものを、考えるのが仕事。

 

やったことないから、やっておいてとお願いされるが、立場は下。

 

手を貸して欲しいとかではなく、

限りなくやれに近い形で仕事を受ける。

 

私のやっている仕事について、

業者任せと言われることも言われる事はあるが、

随意発注や、単独指名で業者を選ぶことは出来ない為、

取引先業者の対応は、冷たい。ドライ。

 

例えば、この部屋、暑いから、暑くならないようにして欲しいなんて形のお願いを受けてもらえることは無い。

最低でも、現在の熱負荷がどの程度で、暑くならないようにする方法として、換気風量の増設がどの程度で、温調設備として、ファンコイルなのか、パッケージエアコンなのかどうするのか等について、考え、説明をしないと見積すらしてもらえない。

 

こういうことは、総務や購買部門では出来ない。

それでも、立場は下。給料は同等以下。

 

今、モチベーションが保てているのは、

同じ職場で、同じ仕事を黙々とこなす仲間がいるから。

 

俺たちって、技術屋なのか?

それとも、事務屋なのか?

総務屋なのか?、管理屋なのか?、調整屋なのか?

一体何なのか?

 

会社は何を求めているのだろうか?

 

と同僚と話あった。

 

仕事自体は楽しいのだが、親会社とは別のグループ会社、シェアードサービス系の会社として、総務部門等と同じか、それ以下の扱いを受けるとツライ。

 

 

教訓:シェアードサービス系の会社での設備部門の給料は安い。そして立場も低い。よく、リサーチをした上で働く会社を選ぶべし。