読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

業務分担

なかなかうまくいかない。

 

以前いた会社では、設計をやっていた。

設計部署にいたときは、もちろん設計が主業務。

その後、現場に配属になったときも設計、施工図作成をやっていた。

 

現場で、工程が山に来たときでも、職人さんに、手伝ってくれと言われた事は無い。逆に、早く図面を書いてくれと急かされた。『現場の事はやるから、早く図面を書いてくれ』と言われた。

 

当時、当たり前だと思っていた事が今は、懐かしく感じる。

 

今の会社では、図面も書いて、発注手続きもやる。大規模なものや、明らかに自分では出来ない仕事は取引先にお願いをするが、それ以外のものは、現場作業もやり、そして、納品書、請求書の催促も対応しなければならない。しかも急がされる。

 

 

発注処理は私がやるから、まず、図面を書いて!なんて事は無い。

 

 

技術を求められているのか?事務、管理、調整を求められているのか?を会社に聞いてみたところ、全部との事。

 

全部出来るに超したことは無いが、それだけの時間が無い。

忙しい時は、設計のみに注力をしたい。その他の事務手続きや、労力が必要なものについては、出来る人に助けて欲しい。

 

今の会社は総務、購買等の事務的な部署と私の様な設備部署が同じ会社として、

シェアードサービスの会社として存在している。

 

技術力が必要な仕事が出来るように、会社としてサポートするという雰囲気は、無い。

どちらかというと、総務部署の方が立場が上で、私の様な仕事をしている所へ様々な仕事をが降ってくる。

 

 

教訓:前にも書いたが、会社名だけで、就職先を選ぶのはリスク。

具体的な仕事内容はもちろんの事、配属希望先が社内で相対的にどのような部署なのかを把握しておくべし。