読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 診断テストのやり方、方法

今から、4,5年前に、この本

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

を購入したのだが、読まずじまいであった。

 

理由は、"じぶん" "才能"と、表紙に書かれているにも関わらず、

万人向けの34の強みがこと細かに書いてあり、

自分の才能だけを読みたい私の様なせっかちな人間には、厚すぎた。

 

今、読まずじまいであったこの本を、久々に開いたのは、

シゴタノさんの ストレングス・ファインダーを11年ぶりにやってみて、改めてその活かし方を考えてみたの記事↓を読んで

http://cyblog.jp/modules/weblogs/11202

 

"ストレングス・ファインダーとは、180問の質問にオンラインで回答することで、34個ある「強みとなりうる資質」(要素)のうちの5つが明らかになる、という診断テスト(『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』に綴じ込みでついてくるアクセスコードを使うことで受けられます)。"

 

とある事に気づく。

つまりは、本にアクセスコードが書いてあり、それで、診断テストが受けられるという事に気づいた。

 

"「ぜひ、隠れた能力を見つけて、わくわくしてください」

「学習欲」と「着想」が強みの勝間和代氏 推薦"

という帯につられて、購入した私は、診断テストができるなんてつゆ知らず、

パラパラっとめくっただけで、読む時間がもったいないと思っていた。

 

さて、診断を受けてみよう。

本の綴じ込みのアクセスコードをさがすが、おい、無いぞ。

 

そもそも、この本に綴じ込みは無いぞ!

 

え、俺の本は古すぎるのか?

 

と一人で、変な汗をかきながら、アクセスコードがあるはずだと、探す。。。

 

まず、基本に立ち戻って、目次から。

第2部 強みの源泉を探すの第3章強みを見つける

その中に、ストレングス・ファインダー その仕組みと使い方 P89

とある。

やっとのことで、P89をめくり、読み始めるが、いかにストレングス・ファインダーが素晴らしいかの記載ばかりで、肝心の受け方にたどり着かない。

焦る気持ちを抑えつつ、読んでいると、

P93ストレングス・ファインダーの使い方の記載があった。

 

つまりは、

・1. 本のカバーの裏に英数字IDナンバーが書かれているので、それを控える。

・2. http://www.strengthsfinder.com/home.aspx

 にアクセスする。

・3. 指示に従い、IDナンバーを入力し進める。

 これでOK!

 途中、日本語の画面にするには、どうするかが分からず、ググったりしたのだが、

なんとか診断が出来た。

ちなみに、日本語の画面を表示するには、トップページの下の方に、

"日本語"と書かれているので、そこをクリックすると日本語の表示に変わる。

(かなり分かりづらい場所にあるので、分からなければ、

http://sf1.strengthsfinder.com/ja-jp/homepage.aspx

に直接アクセスすると、日本語表示にたどりつく)

 

さてさて、私のストレングス・ファインダーの診断結果は、

内省
個別化
収集心
目標志向
活発性

 

という事であった。

今、該当する部分について、本を読み始めた所。

 

診断には、約30分程度。

(その前に、どうやって、診断したらいいかを探すのに、約1時間)

 

今日の教訓:

■帯に著名人の名前があるからといって、すぐに本を買ってはダメ。

中身を吟味してから買うのは、もちろん、

どうして、その本を買おうかと思ったのか、本を買う動機は何なのかを確認してから本を買うべし。

■無いと思うと、見つけられないが、あるはずと思うと見つけられる事がある。

 

ストレングス・ファインダーを受けたくて、

この本を購入する時は、古本だと、IDナンバーが既に使用されている可能性があるので、中古、古本ではなく、新品での購入をお勧めします。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

NOW,DISCOVER YOUR STRENGTHS