読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

設備業界の特許

設備業界の特許は、いろいろあるが、その扱いが面白い。

 

例えば、熱源廻りの流量制御について

・1次ポンプ方式熱源変流量制御システムおよび方法:山武(現 アズビル)

・冷凍機用の変流量制御:ダイダン

・熱源システムの冷却水流量制御方法:三菱重工業

・空調用ポンプシステム:川本製作所

(詳細を説明すると、大変なので内容は割愛)

等々。。。の特許があるが、

特許を取得していない他の会社も同じ様な事をやっている。

 

え、それって、特許権の侵害じゃ無いの?

と思いきや、訴えられる事も少ない。

 

なぜか?

それは、侵害している事を見つける事が難しいから、

又、それが分かったとしても、費用がかかるから、

つまりは金持ちケンカせずだ。

 

とは言っても、なぜ、それなら、

出願する会社は、高い費用をかけて、出願するのか?

 

某社担当者に聞いたのだが、

それは、対抗措置として、使用する事が目的らしい。

 

○○の特許侵害で、A社に訴えられたB社は、

B社が持っている特許技術をA社が無断で使用している事を発見。

対抗措置として、B社は持っている特許権を使用する

てな事らしい。

 

あくまでも、一部の方に聞いた話ではあるが、

製造業と建設業とでは、特許についての考え方も違う様だ。

 

教訓:特許=お金じゃない。特許件数だけで、会社の業績は判断してはいけない。