読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

ビル管

あ、ビル管って言っても、資格のビル管(建築物環境衛生管理技術者)の事ではなく、ビルを管理している人の事について書きます。

 

施設管理者(以下ビル管)は、人間監視盤ではない。

人間監視盤で、あってはならないのだ。

 

中央監視装置から、警報が出た事を確認し、

どうしたら解決するか?

どうしたら、影響を最小限に止める事ができるか?

まず、何をすべきか?

を考え、行動出来なければならない。

 

警報が鳴って、ただ、電話をするだけでは、人間監視盤だ。

 

機械がおかしい、

メーカーへ電話連絡をし、

「今すぐ来い!」

なんていうのは、職務怠慢。

 

まず、自分の目で見て、確認してから手配すべきなのだ。

 

現場も確認せずに、警報が鳴ったら電話。

説明すらまともに出来ない。

 

それでは、いる意味が無いのだ。

 

ただ一日、監視盤の前にボケーっと座り、

日常巡視では、決められたルートを歩くことだけが使命と勘違いをし、

ファンベルトが緩んでいても、機械から異音がしても、知らんぷり。

 

それでは、人間監視盤以下、

決められた時間だけ、ただいて、何もしない。

コインロッカー型ビル管だ。

 

 

 

施工者を、単なる業者と思い、上から目線で扱うビル管。

自分では、何もできないくせに、あれが違うこれが違うと文句ばかり。

図面は読めないので、いつも、終わってから文句を言うのが常。

 

メーカー、専門業者に対しても、お願いしてやってもらっているという感覚はゼロ。

「いいから早く来い」と何様だと言う様な電話をし、

来てもらっても、ふんぞり返っている。

 

 

このままじゃダメだ。

そう思っても、なかなか単純には変わらない。

 

いい人もいるとは思うが、私の周りにはどうしようも無い人の比率の方が多い。

どう変えればいいんだ。ビル管。

 

 

私の立場は、ビル管さんにお願いをして管理をしてもらう立場。

お願いがいい加減だから、管理が出来ないという部分もあるのは確かですが、前向きに話を聞こうとしない相手には、何を言ってもムダと思うようになった。

 

単純にビル管業者を変える事が出来ればいいのだが、そこには大人の事情もあり、簡単には変えられない。又、変えたからってうまくいく補償は無い。

 

まず、『無知の知』を知ってもらうところからビル管さんにお願いしてみます。