読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

来週から世の中が動き出す

お盆の期間中、お休みだった人も、来週から、又、働き出す。

今日、仕事をしていて、来週から忙しくなるな。。。と少し憂鬱になった。

 

仕事がら、出勤する人が増えると、仕事が増える。

正確には、職場での、設備使用者(ユーザー)が増えると仕事が増える。

 

いや、ユーザーだけではない、上司が来ると、

あれは、どうなった?

これは、どうする?

 と仕事が増える。

 

つまりは、世の中が動き出すと、仕事が増える。

だから、私は、憂鬱になる。

 

 

以上、おしまい!

 

としては、なんか、能が無い。

 

 

そもそも、私の様な職種の人間は会社にとって、必要悪。

特に何かを開発する訳でも無く、生産する訳でも、営業をする訳でも無い。

 

会社の設備を動かす為、必要なだけ。

 

運転管理が主ならば、その手の専門業者に外注をすればいい。

 

専門業者に外注できない、わがままな、お願いを出来る相手として、存在価値がある。

 

そう考えると、ユーザーあっての設備、設備あっての自分という事になり、

人から問い合わせや、要望を受けること対して、ぶつくさ言えなくなる。。。

 

憂鬱な理由について考えてみると、能力以上の負荷があるから憂鬱なのだ。

 

憂鬱を解消するには、能力UPか、負荷を減らす事がいいのだが、

今の自分に出来るのは、自分自身の能力UPと、後輩に丸投げ出来る様に、後輩の能力をUPできる様にサポートすること。

あと、負荷を減らすには、過去の問い合わせをまとめておくこと。同じ問い合わせが来た時にすんなり答えられるか、勝手に資料を見てもらえる様にする事。それと、トラブルの量を減らすこと。過去に起きたトラブルを対処療法でごまかさないこと。

 

自分で営業をし、稼ぐ事が出来るのならば、独立すればいいのだが、私には、そんな実力は無い。

(一応、エネルギー管理士は持っているが、ただ、それだけでは食えない)

 

仕事があるから、雇ってもらえてる。

忙しいから、雇ってもらえている。

そう思って、憂鬱な顔をせずに仕事をしたいと思います。

 

今日の教訓。

中途採用での求人募集をしている会社は、いくら、”早く帰る事が出来ます”と言っていても、忙しい、人が足りないから求人募集をしている。本当に暇な職場なら、求人なんかしない。サラリーマンだと自覚をし、雇ってもらえている事に感謝して、文句を言う前に、まず、手を動かし、仕事をしろ!(私自身、施主、オーナー側で仕事をしたら、楽だろうなと勝手に想像し、安易に転職をしたのですが、今は、まず、目に見える成果を出せ、仕事しろと自分に言い聞かしてます)