読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

2020年 東京オリンピックで困ること

オリンピックで喜ぶ人は、多いと思うが、

私の様に地方都市で、施主側で営繕をしている人間にとっては困ることもある。

 

・建設物価があがる

・職人さんの手配がつかない

 (東京にとられる)

・施工会社が強気に出てくる

 

てなところだろうか。

 

鋼材の単価は、通貨によるものもあるが、今後を見越して価格が左右される事がある。ここ最近で、記憶に残っているのは、北京オリンピック

北京オリンピックがあるから、鋼材の価格があがっている”なんて事があり、本当に、こんなに北京で鋼材使うのか?なんて当時は思っていた。

 

東京でオリンピックをすることになり、鋼材の単価が上がっていくとなると辛い。。。

 

 

職人さんの手配がつかなくなるのも辛い。

ただでさえ、後継者不足とか、人材不足と言われているのに、東京にとられるとつらい。

 

オリンピックもあるし、今は忙しいので、お断りしますなんて、断られたら痛い。

 

 

 

まあ、暗くなる事を言っていてもしようが無いので、

何か、策を考えねば。。。

 

そう言えば、良いこともある。

家族とオリンピックには行きたいと思う。

(チケットが手に入ればの話ではあるが、会場に行って雰囲気は感じたい)

 

仕事では、概算や、予算組が外れた時の言い訳に、”東京オリンピックがあるので”を使おう。

 

なんて、小さな人間なんだ、俺。

 

 

 

教訓

・オリンピックで鋼材の値段があがる。予算を組む際は、注意が必要

・新規案件がある場合は、早めの発注をし、職人さんを確保すべし。

・2020年までの間だ、2015年付近での竣工する様な計画を建てない。又、2020年以降も継続して工事があると言う事を示せるようにしておく。