読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

怒られた時のヤリ過ごし方(妻に怒られた時、バージョン)

妻:もう、何度言ったら分かるの? 人の話聞いてるの?

 

私。。。

 

とならないように、怒られた時にやっていること。

 

それは、聞いてはいるという事をアピールする事。

 

 

例えば、こんな感じ。

 

例1.

妻:もう、さっき、エレベータで降りるの3階っていったでしょ?なんで二階で降りるの?

 

私:ゴメン、二階だと聞き間違えた。

 

(聞いて無くても、聞き間違えたと伝えた方が、怒られ方は緩やかになる)

 

 

例2.

妻:もう、これ、郵便出しておいてって言ったよね!

 

私:郵便で良かったんだ!メール便だと思い込んでいた。

 

(そもそも、頼まれた記憶すら無くても、テキトウな受け答えで、

長時間怒られなくて済むなら、多少頭を下げてもこっちの方がいい)

 

 

 

それでも、ダメな時は、かろうじて聞き取れた単語を繰り返し言うか、魔法の言葉『あらあら』を使う。

 

聞き取れた単語を繰り返し言う例.

 

妻:○○結婚式○○○○○○

 (かろうじて、結婚式という言葉だけが聞こえた)

 

私:結婚式ね。。。

 

妻:そうなのよ、職場の○○さんが、結婚式することになって、

(頼んでもいないけれど、繰り返し、説明をしてくれたりする)

 

 

魔法の言葉あらあらを使った例:

 

妻:○○○○○○○○○○

 (妻が、何を言っているのか、さっぱり分からない時)

 

私:あらあら

 

(とりあえず、あらあらと言っておけば、話は続くので、その場をやり過ごせる)

 

 

仮に、怒られるにしても、

妻:もう!あらあらじゃないでしょ!

(その後、怒っている理由を自分から言ってもらえるので、それを聞けば話を聞いていない事は、ばれずに済む)

 

 

 

たいていの事は、あらあらでやり過ごせる。

 

例1.

妻:今度の休みどこにいく

 

私:あらあら

 

妻:もう!あらあらじゃないでしょ!休み、どこへ行きたいか自分で考えられないの?

 

 

例2.

妻:今度、結婚式があるので、ドレスどうしようかなと思ってるんだけれど、

 

私:あらあら

 

妻:そうなのよね、今の時期だと、どれしにようかなと思って

 

(あらあらしかいってないけれど、話は続く。。。)

 

 

例3.

妻:給料、なんで、こんなに安いの?

 

私:あらあら

 

妻:あらあらじゃないでしょ、○○さんは、○○○万円ぐらいもらっているらしいわよ、それに引き替え、あなたは。。。

 

 

 

教訓:

妻が一番怒るのは、話を聞いていない事。

話を聞いていない時、単語が聞き取れたら、その単語を繰り返し言う事で、聞いてないと思われることを回避する。

どうしても、聞き取れなかったら、”あらあら”と言ってみる。