読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

仕事納め 年末年始にしか出来ない事をする

年末の挨拶を断りまくっているせいかもしれないが、

なんだか、年末という感じがしない。

 

オフィスの大掃除をすることになっているが、

年末だと感じるのはそういった事ぐらいだろうか。

普段、机の掃除や、書類整理を広げてしていると、

暇人?!と思われるかもしれないが、今日は、別だ。堂々と出来る。

日常業務はほどほどに、机廻りを整理する事にする。

(普段からキレイに片付けておけば良かったのだが。。。)

 

その昔、転職する前、ヘロヘロというか、ボロボロになっていた時期、

年間で3日ぐらいしか休んでいなかった。

形式上の仕事納めに参加をし、

どうせ、俺、休めないし。。。

と思っていた。

 

当時、3月に引渡という建設現場に常駐しており、

いかにして、現場を終わらせるかを考え、そして苦しんでいた。

 

とは言っても、年末年始のいい所は、

職人さんが来ないという事であった。

 

いつもは、職人さんを遊ばせないようにどうしたらいいかを考えており、

日々、それに追われていた。

※遊ばせる

 建設現場での隠語で、

 する事が無く、時間をもてあましぶらぶらとさせてしまうこと。

 

もし、自分が怠け、明日の図面、施工ネタが無いと、

職人さんが遊んでしまう。

それにより、現場が遅れることはもちろん、コスト的にかなりの痛手を受ける。

50人の職人さんがいた場合、

日当2万円だとして、50人×2万円=100万円/日の損失。

 

※ネタ

 資料のこと。

 

それと、、、

職人さんを遊ばせてしまうと、

『ふざけるな!いつまで待たせるんだ!帰るぞ!』と

職人さんからも怒られる。

 

又、それが続くと、本当に仕事が出来る職人さんが、現場から去って行く。

もう、○○さんとは仕事したくないという事になり、いい職人さんが集まらなくなる。

 

日当ではなく、請負で仕事をお願いしている場合は、

怒られる、信用を無くすだけですまなく、

会社 対 会社の話となってしまう。

 

さらには、現場が終わらなかったら、億単位の違約金が発生する。

 

そんな事もあり、

もし、ここで寝てしまったらと考え、

家に帰らず、現場に泊まる生活をし、日々追われていた。

 

 

しか~し、新築現場の場合は、工期が遅れていようが、火を噴いていようが

年末、年始は職人さんが休み。

(来て下さいとお願いをしても、簡単には来てもらえない。。。)

 

当時の私が年末年始に集中してやっていたのは、

 

・竣工までの残リストの作成。

何が終わっていないか、又、その理由についてリスト化していた。

これがあれば、いざとなった時、他社にも仕事をお願いする事が出来る。

出勤する人が少なく、割り込みタスクが少ないときに集中してやるとはかどる。

 

・完成図書まとめ

試運転、引渡時期となると、現場のコピー機は、

試運転結果記録のまとめや、完成図書作成でフル稼働する事になる。

コピー機の順番待ちとなり、日中、印刷することが出来ず、深夜にする事となる。

さらには、現場事務所で寝泊まりする人が多い場合、

音がうるさいからコピーするなと言われ、The END!となる事もある。

 

コピー機が空く時期、それは年末年始。

大晦日まで出勤し、そして、元旦から出勤し、

人がまばらなこの時期に、コピーし、ファイリングしまくっていた。

 

平面図の様な、現場が進んでいるときは、最終形がどうなるか見えないようなものや、

管理者向けの中央監視装置取扱説明書の様に、現場によりカスタマイズが必要なものは、別として、

機器の資料や、スイッチ類の取扱説明書は、どの現場も変わらないので、そういったものをまとめまくっていた。

 

 

今も、それなりには忙しいが、

あの時の事を考えると、それほどではないなと思う。

 

人から、外乱を受けないこの時期にやるべき事、やれる事をする事の大切さを今も感じている。

 

教訓

年末年始にしかできない事をやる。

もう一度、仕事上のリストの整理や、周りの時が止まっている時にしか出来ない事をする。