読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

キャバクラでのドンペリとビールの共通点

エロヘロ

独身の頃、

キャバクラで、ドンペリを頼んだ事がある。

 

最高で、ピンドン(ピンクのドンペリ)を1日で3本頼んだ事がある。

 

誰が見ても、バカだなと思う行為なのだが、

そこで、学んだ事がある。

 

それは、ビールとの共通点。

一杯目のビールのあの、おいしさはたまらない!

二杯目とは比べものにならない。

 

ピンドンは、どうかというと、

何杯飲んでも美味しい。

じゃあ、何が一緒かというと、価値が違う。

 

一本目と二本目、三本目とでは一本目の価値が明らかに高い。

 

単価は、何本飲んでも変わらない。

当時、六本木でピンドンを頼むと、7万~8万円だった。

(デパートでそのまま瓶を買うと3万円ぐらい)

 

 

過去の私の失敗事例を、反省の意味も込めて書くとこんな感じだ。

 

私:「ドンペリのロゼを、お願いします

 

キャスト:「いいの?!」

 

私:「どういうものか、飲んだ事が無いから。。。」

 

その後、

ボーイさんにて、ピンドン到着!

 

周囲が、ワーっとなる。

 

乾杯!!!

 

お気に入りのキャストと、ピンドンを楽しく飲む。

 

味は、おいしい、甘くて、いくらでも飲める感じ。

白のドンペリとは全然違う。

 

その後、何を思ったか、

 

私:「もう、一本飲みたいな」

 

とボソッと言ってしまった。

 

キャスト:「悪いから、いいよ」

と言われつつ、

 

ドンペリ、もう一本お願いします!

 

と言ってしまった。

 

指名したキャストは、お腹いっぱい。

ヘルプのキャストを呼び、ドンペリを分け合った。

 

ヘルプのキャストから、

「おいしい!もう一本、飲みたい!」

と言われ、

 

当時、セブンイレブン(7時出勤、23時以降業務終了)という様な働き方をしていた私は、

どうせ、お金を使うと所はないんだから、という思考回路になり、

 

ドンペリ、もう一本お願いします!

と言ってしまった。

 

三本目ともなると、

見知らぬ、ヘルプのキャストが来て、

イタダキマス!、イタダキマス!・・・

と言われ、あっという間に、ドンペリが無くなった。

私が飲んだのは、ほんのちょっと。

 

 

一本目:指名していたキャストと味わって楽しく飲んだ

二本目:ヘルプのキャストが加わる

三本目:見たことも無い様なヘルプのキャストが加わり、わずかしか自分は飲めない。

 

明らかに、価値が高いのは、一本目だ。

 

この失敗をしてから、

ドンペリを頼むのは、一本だけ。

 

そして、頼むときは、こうやって頼むようになった。

 

ドンペリのロゼ、お願いします。

○○(指名キャスト)さんと二人っきりで味わって飲みたいので、ヘルプの方はいいです。もし、○○さんが別な席に移動して空白の時間が出来たら、その時は一人で飲みます。

 

そうすると、指名キャストと長くいる事が出来る。

又、味わってのみたいと言っておくことで、二本目は無い事も暗に伝える事が出来、

出費も抑えられる。

 

 

教訓

 

・キャバクラで高いお酒を2本以上頼んでも、

 遊ぶ上での価値が高いのは1本目

・複数本頼むと、ヘルプのキャストが来て、すぐに空けられてしまうので注意