読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

キャバクラでの同伴の反省(ボーリング編)

エロヘロ

前回は、店前同伴の事を書いたが、今回は、外食について書こうと思う。

 

キャスト:「お願いがあるんだけれど。。。」

 

     「同伴とかって、ヘロヘロさんは出来る?」

 

ヘロヘロ:「それって、金銭的な話?」

 

キャスト:「そうじゃなくて(笑)、時間的な話」

 

     「お店の外で、ヘロヘロさんともっと一緒にいたいなと思って」

 

ヘロヘロ:「でも、同伴はお金かかるからな。。。」

 

キャスト:「うちの店、そんなに高くないよ」

 (前回は、六本木のお店、今回は、某山手線沿線のキャバクラ)

 

ヘロヘロ:「ところで、同伴して、何するの?」

 

キャスト:「ボーリングとかどうかな?」

 

     「ここ最近、やっていないから、やってみたいなって思って」

 

ヘロヘロ:「ボーリングか。。。」

 

     「いいよ」

 

話がまとまり、同伴する事に、

今度は、店前同伴では無い。

 

約束の時間に間に合うように、無理矢理仕事を終わらせ(放棄?!)し、キャストと合流。

 

ボーリングをするにあたって、困るのが名前。

キャストは悩んでいた。

本名を書くべきか、源氏名か。

しばし、気まずい時間が流れた後、

結果、スコアが映し出される画面には、源氏名のまま、表示することにした。

 

 

ボーリングは、思ったよりも早く終わり、お店に行くまでに時間があったので、

キャストからの提案で、食事をすることにした。

 

考えるのが面倒だったのと、土地勘が無かったので、目に入った中華料理屋に入り食事。まずい!!!

 

ボーリングをした記憶が、吹っ飛ぶぐらいまずい。

 

今回の出費

・ボーリングのゲーム代、靴代 ×2sets

・食事代×2set

・同伴料金

 合計 約1万5千円。

(このお金があれば、もっと他の事できたな。。。と今は、思う)

 

教訓:

・同伴するにあたって、食事は重要。、

 何をしたかよりも、何を食べたのか、味はどうだったのかの方が記憶に焼き付くこともある。

・プロだから、相手に任せておけばどうにかなると思っていては、ダメ。素人とのデートと変わらない事もある。

 (キャストにもよるが。。。)