読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

体温を測っておくということ

ちょっと、体調が悪いな。

悪寒がするな、そう思っていたのだが、いつも通りの生活をして過ごしていた。

 

金曜日の夕方、妻から、

「どうしたの?」

 

「いつもより、元気ないよね?」

 

と言われ、本調子じゃ無いかなと答えた所、

 

体温を測る様に、言われ、体温計で測った所、37.7℃。

 

大変だ!という事になり、風呂には入っちゃいかん、今すぐ寝ろという事を言われ、

 

本人としては、ちょっとダルイかな?程度で、

苦しくてしようがないというほどでも無いのだが、

家族から隔離された。

 

昨日は、早く仕事を終え、

市役所で諸手続をし、郵便局に行ってお年玉年賀ハガキの当選景品をもらい

そして、家に帰ったのだが、

今、思えば、真っ先に病院に行くべきだったなと反省。

 

夕方の病院は空いているが、

土曜の病院は混んでいる。

 

病院に行くと言うことを思いつかなかった理由は、

悪寒はするものの、くしゃみも、咳も出ないことから、大したことないなと自分で勝手に判断していた。

体温をはかってもどうせ、微熱だな、あっても37℃あるかないかぐらいだなと思っていた。

ちょっと体調悪いかなと思った段階で、

体温はかっておくべきだった。

 

 

一歳の子どもがいるので、

妻は、私の風邪?!をうつされるのが心配なようで、

今日、大学のOB会があり、外出する用事があったのだが、キャンセルするように強制的に妻から言われ、

今日、病院に行くように言われている。

 

独身の頃は、体調管理は自分の問題と思っていたのだが、

家族ともなると、自由が利かない。

優しさなのか、束縛なのかは別にしても行動が制限される。

 

 

 

 

教訓:

・体調が悪いなと感じたら、体温をはかる

・休日の病院は混むので、平日に行くようにする