読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

尿道、前立腺あたりが排尿時痛い

ここ何日か、苦しんでいた。

風邪のせいか、熱が37℃後半になっていた。

会社の近くある、内科のお医者さんへ行き、もらった薬を飲んでいたら、随分楽になった。

 

がしかし。。。

 

別な所が痛い!!!

え、どこかっだて?

 

あそこだ、あそこ、タイトルに書いてある通り、

尿道のあたり、もっというと前立腺あたりが排尿時に痛いのだ。

 

もっというと、排尿をしなくてもズキズキと痛い。

座っているだけでも痛い。

 

 

初めのうちは、熱っぽいから、痛いのかな?

 

熱が下がれば、痛みも止まるだろうと思ったのだが全然ダメ。

 

熱も下がらない。痛みも止まらない。

 

 

こういう時、家族にどうやって説明をするかが問題。

風邪だけだと思われていると、早く寝ろとか言われるだけで、根本的に解決しない。

かといって、ストレートに、オチンチンが痛い!

尿道が痛い!

と言っても、バカにされるだけだ。

 

しかも、私には、過去に、妻にクラミジアをウツシタという前科がある。

 

 

考えていてもしょうがないので、

妻に、ストレートに伝えた。

 

私:「頭じゃ無くて、違うところも痛い」

 

妻:「どこ?」

 

私:(指で示しながら)

  「ここら辺が痛い」

 

妻:「どうしたの?」

 

私:「おしっこするときに痛い」

 

妻:「苦しいの?」

 

私:「ズキズキ痛い」

 

 

そんなやりとりをしていて、病院に行った方がいいという話になった。

 

妻の考えは、近くの町医者。

内科のお医者さんが血液検査をしてくれるから、そこがオススメという考え。

 

私は、泌尿器科のある総合病院へ行きたい。

 

それぞれ平行線。

 

第一、血液検査ばかりする内科医はぼったりな事が多い。

血液検査をする事により、点数を稼ぎ、それで収入につなげるなんてもってのほかだ。

どうしても血液検査をしなければ分からない時のみ、血液検査をすべきだ。

軽い風邪でも血液検査をする、そのお医者さんは私は好きでは無い。

 

それと、内科で、尿道の事が分かるか?

 

やっぱ泌尿器科だよ。

 

と心の中で答えを出して、泌尿器科のある総合病院に行くことにした。

 

こういうとき、自分の考えを口に出してパートナーに伝えないことも大事なコミュニケーション。

 

ぐっとこらえて、あえて口には出さず、それで、答えを出し、行動につなげる。

 

 

「アドバイスありがとね!」

 

「会社の先輩にも、こういった症状に対して、良いお医者さん知らないか聞いてみるね」

と、妻を否定しない様に気を遣いながら、泌尿器科のある総合病院に行く事にした。

 

 

教訓:

・本当に痛そうで、辛そうだったら、デリケートな場所でも、妻から怒られる事は無かった。(黙っているだけではなく、伝える事って大切なのかもと思った)

・どこの病院に行った方がいいのかは、自分の考えも持っておく。

・普通におしっこが出るって、どんなにありがたい事か実感した。

健康でいられるって素晴らしい事だ!