読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

婚活での反省:合コン編

このブログで読んでもらう人に、与えられる事ってなんだろう?

と考えてみた。

 

自分の知識の披露?!、愚痴?!をメインとして書いている為、掃き溜め状態。

 

人と話していて、おもしろがられるネタは、私の場合は、

・風俗

・恐妻

・建設業での出来事

・転職して給料が200万円以上下がった

といった所、共通するのは、失敗事例。

 

自分が誇れる事と言えば、失敗の歴史。

自慢では無いが、人よりも失敗は、していると思う。

 

そんなことで、失敗事例について書きます。

 

今日は、婚活。婚活初期の合コンの失敗。

 

私自身のモテ期は3歳

当時は、二股かけていました。

よく遊んでいたのは、Aちゃんと、Bちゃん。(ともに女の子)

ただ、AちゃんとBちゃんは一緒に遊ばない。

なぜなら、AちゃんとBちゃんは、仲が良くない。

私は、その日によって、今日は、Aちゃん。明日は、Bちゃんというように遊ぶ相手を変えていた。

 

その二十年後。

彼女いない歴=年齢状態。

 

高校までは共学だったものの、彼女出来ず。(告白はしましたが、振られました)

今、思えば、当時は、稲中卓球部の様な存在で、女子からは近寄りがたかったと思う。

 

大学は、理系の単科大学だった為、女子はほぼゼロ。

ほぼゼロというのは、ゼロではなく女性はいました。

え、アタックしたかって?もちろん、アタックしましたが、振られました、

開き直って、勉学に励みあっという間に、四年間が過ぎ、社会人になった。

 

社会人になって、

初めの頃は、比較的時間の融通が利く部署にいたので、

数合わせ要員として、数々の合コンに参加。

 

合コンの終盤、連絡先の交換のタイミングになると、

当時、携帯電話を持たない主義だった私は、ポカーンとしていた。

(電話がかかってくるのが嫌で、やりとりはパソコンのメールで十分だと考えていた)

 

その後、職場の先輩から、携帯電話を持てば、彼女が出来ると説得され、渋々、携帯電話を持つと。すぐに彼女が出来た。

 

すげ~、携帯電話!

 

 

とは言いつつも。。。

彼女が出来る=結婚とはならない訳で、

彼女が出来ても、すぐに別れるという事を繰り返していた。

 

経験することが、いい結婚につながると考え、すぐ嫌な事があると別れていた。

 

 

その後、忙しい部署に異動。

クリスマス、バレンタインを一人で何年も過ごすことになる。

合コンへの誘いがあっても、参加が出来ない。

そんな状況のなか、なぜか、合コンのセッティングを頼まれる側になっていった。

 

合コンのセッティングで何が困るかというと、

数合わせ。

男は、自分も男なので、苦労しないが、女性の数が難しい。

片っ端から知っている女性と連絡を取った。

・会社の女性

・生命保険のセールスレディ

 等々

しかし、まぁ、どこかで、ネタが尽きる。

 

そこで、

どうしたかというと、長い目で考え、行動をするようにした。

 

あ~、この合コン、つまんない!

と思って、やけ酒を飲むのではなく、

次の合コンにつなげるのだ。

(当時は、ビールのピッチャーを一人で飲んでやけになっていた)

 

名付けて、芋づる式作戦!

合コンの中盤で、

「○○さんの友だちって、どういう友だち?」

と友だちの話を迫り、

 

「え~、すごい!!!」

 

「今度、会わせてよ!」

と次の再開を迫る。

 

たいていの場合、酒が入っているので、勢いで、どうにかなる。

もし、嫌がったら、

 

「え、本当は友だちいないんじゃないの?」

とあおる。

 

男性陣が品が無いから嫌だと言われたら、

「大丈夫!、次は、うちのエースを呼んでくるから」

と、次こそはと約束する。

 

そんなこんなで、

今回ダメだったら、途中から次の事を考える。

又、その次ダメだったら、その次の事。。。

と繰り返していた。

 

やってはいけないのは、

つまらないと思った時点で、不快な顔をし、その場を終わらせてしまうこと。

 

あたえる人があたえられる

あたえる人があたえられる

 

 

 

教訓

・その場を楽しく過ごす事は、どんな場でも大切。

 (たとえつまらなくても。。。)

・その場がダメダったら、次の事を考える。