読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

婚活での反省:結婚相談所入会(営業所・事務所に行くまで)

反省 婚活

前回、ネットのバナー広告につられ、うっかり入力してしまい電話がかかってくる事を書いた。

婚活での反省:結婚相談所入会(ネット・電話) - 5時からサラリーマンの生態

 

今回は、実際に営業所に行くまでの話。

(多少デフォルメしていますが、本当の話です)

 

電話での猛烈な勧誘に合い、

日曜の夜に結婚相談所に行く約束をさせられたが、仕事で疲れげんなりしていていた。

 

30分前にでも、「行けなくなった」とドタキャンすればいいと思っていた。

 

その日は、いつものように、土日も休まず仕事をしていた。

やっていたのは、金曜日の夕方に振られた月曜朝一までという無謀な仕事。

当時の私は、朝7時までに出勤、夜は終電まで。週に1,2回は徹夜という生活。

そのなかでも、今、考えると日曜日から月曜日にかけての徹夜が多かった気がする。

 

仕事が終わらない。

今日、徹夜かな、そう思っていると、15時頃電話がかかってきた。

 

相手(女性):「○○(結婚相談所)の(仮称)サトウですが、どうですか?今日、来られますか?」

 

ヘロヘロ:「月曜の朝一番までにやらなきゃいけない仕事が終わらなくて、行けそうにないです」

 

相手:「そうですか、大変ですね」

 

ヘロヘロ:「申し訳無いのですが、お断りさせて下さい」

 

相手:「ヘロヘロさん、昨日約束したじゃないですか?」

 (かなり強い口調)

 

ヘロヘロ:「急な仕事が入ってしまったので。。。」

 

相手:「いつならこれます?」

 

ヘロヘロ:「分かりません。。。」

 

相手:「いい加減にしてくださいよ!、約束しておきながら来られない。そして、いつ来られるか分からないって」

 「恋をしたくないのですか?結婚したくないのですか?」

 

ヘロヘロ:「したいのはしたいのですが、状況が状況なので。。。」

 

相手:「そうやって、いっつも逃げてきたんでしょ!」

 

ヘロヘロ:「仕事しなければならないので、電話切りますね」

 

ツーツーツ。。。

 

ふぅ、よく電話を切ったオレ。

その時は、やるな~オレと思っていた。

 

 

その後、18時頃に電話がかかってきた。

 

 

相手:「○○(結婚相談所)の(仮称)サトウですが、もう出られました?」

 

ヘロヘロ:「はぁ?」

 

相手:「約束したじゃないですか?」

 

ヘロヘロ:「何をですか?」

 

相手:「日曜の夕方に来て頂くって、約束したじゃ無いですか?忘れたのですか?」

 

ヘロヘロ:「忘れてはいませんが、仕事で行けません」

 

相手:「断れば、いいと思ってませんか?」

 

ヘロヘロ:「はぁ?」

 

相手:「待ってますからね」

 

ガチャ!

 

 

なんか、恐いなと思っても、会わなければ、恐くない。

行かなければいい。

 

 

そう思って、かかってきた電話番号を着信拒否にした。

 

その後30分後ぐらいに再び電話

見たこと無い電話番号だなと携帯をとると、

 

相手:「○○(結婚相談所)の(仮称)サトウですが」

 

ヘロヘロ:「・・・」

 

相手:「着信拒否するなんて、ひどいじゃないですか?」

 

ヘロヘロ:「・・・」

 

相手:「待ってますからね」

 

ヘロヘロ:「・・・」

 

相手:「どうしたんですか?」

 

ヘロヘロ:「しつこいですよね、もう勘弁して下さい」

 

相手:「ヘロヘロさんの人生がかかってるんです」

 

ヘロヘロ:「私の人生は私が決めます。あなたに決められる筋合いはありません」

 (いや~、いい事を言った!オレとその時は思っていた)

 

相手:「ヘロヘロさんのキューピットになりたいんです」

 

ヘロヘロ:「そういうのいいです。もう疲れました。勘弁して下さい。」

 

相手:「今日、何時まででも待ってますから」

 

ヘロヘロ:「行きたくないです」

 

相手:「そうやって、ずっと今まで、逃げてきたんでしょ!」

 「ダメです逃げてちゃ!」

 「ヘロヘロさんにぴったりな人が待ってるんです。いるんです!」

 「28歳の看護師の方を紹介したいんです!」

 「一度、来てから判断して下さい!」

 

ヘロヘロ:「はぁ」

 (私は、ナースさんが好きなので、その話を言われると弱い)

 

相手:「何時頃来られます?」

 

ヘロヘロ:「早くて、20時半かと。。。」

 

相手:「待ってますね」

 

 

電話が切れた後、時計を見ると、19時過ぎ。

かれこれ30分以上電話をしていた事になる。

この時間、他の事をしていたら。。。と思うと、悲しくなった。

 

その後も、電話が19時半頃にかかってきて、

 

相手:「○○(結婚相談所)の(仮称)サトウですが、もう出られました?」

 

ヘロヘロ:「まだです」

 

相手:「何時に出られます?」

 

ヘロヘロ:「20時過ぎぐらい」

 

相手:「20時半に間に合うのですか?」

 

ヘロヘロ:「あの~、私が言ったのは、”早くて20時半”という事で。。。」

 

相手:「20時半までしか待ちませんよ!」

 

ヘロヘロ:「・・・」

 (何時まででも待つって言っていたじゃないか?と思いつつ)

 

相手:「今出なきゃ、間に合わないんじゃ無いですか?」

 

ヘロヘロ:「なぜ、間に合わないって決めつけるんですか?」

 (なんか、バカにされている様な気がして、イライラしてきた)

 

相手:「そうやって、今まで、チャンスを見逃してきたんでしょ!」

 

ヘロヘロ:「うるせ~な!」

 

相手:「今、うるせ~!って言いました。そういうの止めて下さい。謝って下さい」

 

ヘロヘロ:「はいはい、ゴメンナサイ」

 

相手:「それは謝っているとは言いません」

 

ヘロヘロ:「申し訳ございませんでした」

 

相手:「実際に、来て、謝って下さい」

 

ヘロヘロ:「・・・」

 

相手:「20時半までに本当に来られるのですか?」

 

ヘロヘロ:「行けますよ」

 (かなりイライラしていたしていたので、売り言葉、買い言葉状態。勢いで言ってしまった)

 

相手:「今、どこなんですか?」

 

ヘロヘロ:「丸の内」

 

相手:「丸の内?」

 

ヘロヘロ:「東京駅のあたりです」

 

相手:「本当に間に合うのですか?」

 

ヘロヘロ:「中央線で行けば間に合います」

 

相手:「お待ちしています。20時半までに本当に来て下さいね」

 「営業時間過ぎているので、裏口から入って下さい。迷ったらこの電話に電話を下さい」

 

 

 

焚き付けられた感じで、相手の思うがままに、反応してしまった自分。

月曜朝一の仕事を残しつつ、片付けをし、新宿へ向かって走っている私がいた。

 

 

教訓

・どんな相手でも約束をすると、守らないと怒られる。

 (たとえ、勧誘の電話でも、怒られる。。。)

・初めに断らないと、ずるずるといく、長引けば長引くほど相手の思うつぼ。