5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

東京マラソンから一週間経って、家庭内での変化

お陰様で、筋肉痛は、木曜日にほぼ消え、金曜日に完治しました。

 

さて、東京マラソンを走り終えての家庭内での変化

 

1.芸能人ランナーと比較された。

 

「宮根さんに負けたくせに!」

とか、妻に言われるようになった。

 

別に勝負していた訳では無いが、タイムが分かるので比較をされる。

 

朝日健太郎さんには、勝ったんだね、ふ~ん」

とか、完全に上から目線で、芸能人と私を比較されるようになった。

 

 

2.お金に厳しくなった。

 

前までは、髪の毛がぼさぼさになるまで、放っておくと、

みっともないから、そろそろ、散髪に行ったら?と妻に言われ、

「お金が無いから行けない」と答えると、

散髪代がもらえることがあったのだが、

もう、もらえなくなった。

 

東京マラソン、走るお金があるなら、散髪代ぐらいあるでしょ!」

との事。

 

東京マラソンのエントリー料金は1万円。

その1万円を払ったのだから、お金が無いという事を言っても、

「だったら、走らなければいい」

と言われてしまった。

 

 

3.たかられるようになった

 

東京マラソン1着賞金は8百万円。

 

事前エントリーの際もらったパンフレットに賞金について書かれていたのだが、

それを知ってから、レース当日まで、妻から

「賞金もらって来てね」

と言われるようになった。

 

レース後、帰宅しても

「賞金は?」

と言われた始末。

 

 

「もらえる訳、ないじゃん!」

と言っても、許してもらえない。

 

ず~っと”賞金は?”言われる事が分かっていた為、

マラソンを走った帰りに、

都内の成城石井でソーセージとベーコンその他、地方では買えないものを買って帰り

「これで、勘弁してください」

と渡し、許してもらった。

f:id:herohero-muryoku:20140303070800j:plain

 

それで、終わりとなればいいのだが、

「これ、おいしいから、東京行く用事があるとき、買ってきてね」

とたかられた。

 

教訓:

・各家庭、感動する話だけではない。

 (私の様に、妻からけなされている人もいる)

・家庭内の妻との上下格差は、広がるばかり。

 (妻に、お金のことをとやかく言われるのは苦痛)