読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

婚活での反省:ウェルカムパーティーでの挫折。誰からも相手にしてもらえない。

婚活 反省

前回、結婚相談所のオーなんとか主催の新規会員用のウェルカムパーティーの会場に入ってからのことを書いた。

婚活での反省:ウェルカムパーティーとは、巨大な合コンだった - 5時からサラリーマンの生態

 

 今回も引き続き、ウェルカムパーティーの会場での出来事について書きます。

 

 

2005年頃の話を振り返りながら書いているので、記憶があやしいところもあるが、

ウェルカムパーティーでは、

確か3分毎に、時間を区切られ、その間に、話す人を自分で見つけてその人と話をするというシステムだった。ひたすらそれの繰り返し。。。

 

問題なのは、自分で話す相手を見つけるという事。

 

自分がイケメンだったら別だが、

ただ、突っ立っているだけでは誰とも話せない。

 

自ら探さなければならない。

 

会場のスタッフに促されるまま、ボケーッと突っ立っていた老け顔の私は、

20代から30代のエリアに移動させられたが、

状況は変わらず。

 

変わったのは、人が多いという事だけ。

 

人が多くても話せない状況が続く。

 

自分の年齢よりも上のゾーンならば好きに移動し、相手を見つける事が出来るシステムだった。

20代女性が30代のエリアに移動するとモテモテ。

 

しかし、当時の私の様な20代男性が、30代のエリアに入っても、

モテはしない。

 

誰とも話せず、居心地が悪い状態が続いた。

 

30代のエリアは、20代のエリアとは必死さが違う。

 

違和感を感じつつ、30代のエリアにいるよりも、20代のエリアで、ボケーッとしていた方が気が楽。

そう思って、20代のエリアに戻って行った。

 

時間が経つと、状況は変わっていた。

 

初めは、男女ともにバラバラに、相手を探していたのが、

特定の人の周りに集団ができはじめていた。

 

 

教訓

・結婚相談所に入会したとしても、自分から動かなければパートナーは見つからない。

・自分が相手の年齢を妥協し幅を広げても、自分自身に魅力が無ければ、相手側から来てもらえない。