読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

婚活での反省:20代の美人女性が、結婚相談所に入会した理由

前回、結婚相談所のオーなんとか主催の新規会員用のウェルカムパーティーに行ったが、自ら動かなければ誰とも話せない状況の事を書いた。

婚活での反省:ウェルカムパーティーでの挫折。誰からも相手にしてもらえない。 - 5時からサラリーマンの生態

 

 今回も、引き続き、ウェルカムパーティーの会場での出来事について書きます。

 

20代のエリアで、集団が出来ていた。

よく見ると、真ん中には、美人。

 

周囲を囲んでいるのは当然、男性。

 

決められた時間毎(確か3分ぐらい)ずつ、交代で話すのだが、

その美人女性には列が出来ていた。

なんというか、堀北真希をさらに賢くしたような感じの女性だった。

 

誰とも話せず、ボケーッと突っ立っていた私は、その列に加わった。

立っていただけでは、どうせ、話せないのだから、この列に並んでしまえ。

そう思っていた。

 

待つこと、数十分。

 

やっと私の番がきた。

 

ヘロヘロ:「初めまして」

 

美人女性:「初めまして」

 

・・・

 

沈黙が流れる。。。

 

ヘロヘロ:「列が出来て、すごいですね」

 

美人女性:「なんでですかね?」

 

ヘロヘロ:「美人だからでしょ」

 

美人女性:「え?」

 

本当の美人て、自分の事を美人だと思っていない事が多い様な気がする。

せいぜい、思っていても、真ん中か、中の上と思っているぐらいで、

私、美人!と思っている人は少ないと思う。

 

私、美人でしょ!って思っている人で、本当にキレイな人は少ない気がする。

すっごい美人だと自分の事を思っているような人は、単に自信過剰なだけだと思う。

 

ヘロヘロ:「言われないですか?」

 

美人女性:「ん。。。」

 

美人女性:「カードで話をしませんか?」

 

受付で渡された、会話に困ったとき?!に話す内容が書かれたカードをもとに会話する事にした。

・休日何をしてるか?

・趣味は何か?

等の事がそのカードには、書かれている。

 

ヘロヘロ:「じゃあ、休日は何をしてますか?」

 

美人女性:「休日、ほとんど無いですね。ぐったりしてます」

 

ヘロヘロ:「え?!、私もほとんど休みが無いのですが。。。お仕事って何されています?」

 

美人女性:「塾で先生をしています」

 

ヘロヘロ:「すごい! 対象は、中学生、高校生?」

 

美人女性:「中学生です」

 

ヘロヘロ:「授業前の準備と、授業後の片付けが大変だ」

 

美人女性:「そうなんです」

 

ヘロヘロ:「授業が終わっても、最後、戸締まりをして塾を出ると、終電ギリギリになっていることもあるのでは?」

 

美人女性:「そうですね。毎日、そんな感じです。」

 

ヘロヘロ:「私も大学生の時、中学生向けの塾講のバイトをした事があって、塾の先生って大変だな。。。と思った記憶があります。」

 

美人女性:「・・・」

 

ヘロヘロ:「なんで、オー何とかに入会したのですか?」

 

美人女性:「なかなか時間が無くて、相手が見つけられなくて。。。」

 

このままでは、いけないなと思って、入会しました。」

 

 

 

教訓:

・美人でも時間が無いと言って、結婚相談所に入会する人はいる。

・女性にはこのままではいけないという変身願望が、結婚願望に繋がる場合がある。