読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

子育てをしてから気付いた、気遣いの出来る人と、出来ない人。

家庭
妻と子供と一緒に外食をした。
 
一歳半の暴れ盛りの子供がいるので、外食が出来るお店も限られる。
 
お店の条件
■騒いでも、泣いても迷惑が掛からない個室のお店。
 
料理の条件
■子供と分け合うことが出来て、味が濃くないもの。
■子供の面倒を見なければならない為、冷めても味が変わらないもの。
■もっというと、熱くないもの。
 
そんな訳で、
お店は小間仕切りの座敷がある和風のファミレスに決めた。
 
メニューは、
子供は、子供用のうどんと、ポテト。
私は、サラダうどん。
 
ココまではいい。
 
しかし。。。
 
問題はここから、妻のメニューのチョイスが、もつ鍋。
 
おい、子供が暴れるだろ?!
 
鍋、を使うだろ!
 
危ないだろ!
 
食べるのに時間がかかるだろ?!
 
どうするんだよ!!!
 
と、言えたらイイのだが、妻がコワイので、少し変化球を投げてみた。
 
私:「鍋だと時間かからない?」
 
妻:「ゆっくりしたいの」
 
私:「こども、暴れない?」
 
妻:「だから、こどもを見てもらうのに、あなたと一緒に来たんだけれど?」
 
私:「火を使うと危なくない?」
 
妻:「こどもの事、あなた見てくれないの?」
 
私:・・・
 
これ以上話しても、ダメだという事を悟り、
 
好きなモノを食べたらという事になり、
 
サラダうどんをダッシュで食べて、
その後、こどもの世話をし、
鍋用のコンロの火からこどもを離す事に、精一杯だった私がいた。
 
教訓
・気を遣う事の出来ない人に、それを伝えるのは難しい。
 (家族、もっというと夫婦だと育ってきた環境が違うのでもっと難しい)

 

 

あたえる人があたえられる

あたえる人があたえられる