読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

子どものためとか言ってるけれど、自分のためだろ

家庭

子どもを産むと女性は強くなると言うが、

「子どもを産むときの苦しみに比べたら」

「男の人には分からないと思うけれど」

「子どもと接している時間があなたとは違うもの」

といった様な、

あなたにはムリだと思うが。。。
私は、母だものと言ってくる。


それに対して、どうしているかというと
「母親ってすごいよね」

「母はツヨシだね」

と賞賛するか、

ただ下を向くかどうかって所。


まぁしょうがないかと思っていたのだが、
ここ最近、エスカレートしてきた。

息子の名前をAとすると、

「Aちゃんは、ミキハウスのダブルBの服じゃ無いとね」
と言って、楽天でポチッと、

「ママがきれいな方がいいでしょ?」
 と言って、化粧品をネット通販でポチッと

「ママバックは、PORTERがいいよね、あ、でも、高いな」

「車はスライドドアがいいな~、隣に車があると危ないからね」


話を聞いていると、おいおい、全て自分のためじゃね~か?!という様な内容。


こうやって、強くなっていくというか、図々しくなっていく。

 

教訓
・結婚する前に、子どもが生まれて母親になったら、どうなるのか?を想像してみる。
・もし、自分が子どものためと思うようになったら、自分のためではと考え直してみる。 (自分自身が、少しは楽になるかも知れない)