読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

婚活での反省:酒席で気持ちが大きくなって、約束して後悔したこと

エロヘロ 婚活 反省

前回は、キャバ嬢との同伴について書いた。

戒めの意味を込めて、今回は、キャバクラで、酒が入った際、約束してしまってから後悔した事を書きます。

酒が入ると気持ちが大きくなる。

オレはすごいんだぜ!と言いたくなる。

へ~、すごい!!!
と言ってもらっているうちは、いいのだが、
その後も続く話はしてはいけない。

一番やっていけないのは、金品に関わる話。


嬢:「ここ最近、生活が厳しくて。。。」

ヘロヘロ:「ふ~ん」

嬢:「妹と一緒に住んでいるんだけれど、家賃を払えるかどうか。。。」

ヘロヘロ:「それは、大変だ」

嬢:「妹は学生なので、私が稼がなきゃ」

ヘロヘロ:「頑張り屋さんだね」

ここで、会話を終わらせれば良かったのだが、
話が続き、大失敗を私はしてしまう。。。

嬢:「さらに、借金があるので。。。」

ヘロヘロ:「いくらぐらい?」

嬢:「150万円ぐらい」

ヘロヘロ:「そのぐらいなら、払えるよ」

(おいおい、何言ってるんだオレ。。。)

嬢:「え?!」

ヘロヘロ:「150万円だよね」

嬢:「そう」

ヘロヘロ:「なんだか、助けたくなっちゃった」

嬢:「いいの?」

ヘロヘロ:「いいよ、男に二言は無い」

嬢:「約束だよ、これ、私の連絡先」

  「連絡先、教えて」

ヘロヘロ:(携帯電話、メールアドレスを記入)

嬢:「いつなら会える?」

ヘロヘロ:「土日の夜かな。平日は終電まで仕事してるから、ムリだけれど、土日だったら、夜なら空いているかも」

嬢:「約束だよ」

その後、嬢は別な席へ移っていった。

ここまでは、酒の上での話。

 

次の日、嬢から電話がかかってきた。

嬢:「昨日のこと、覚えてる?」

ヘロヘロ:「ん?!」

嬢:「約束したこと」

ヘロヘロ:「ん?!」

嬢:「助けてくれるってこと」

ヘロヘロ:「ん?!」

・・・・
初めのうちはなんだか、分からなかったが、お金の約束をした事を思い出した。。。

嬢:「土日の夜が良いって言ってたよね」

ヘロヘロ:「まぁ・・・」

嬢:「今週末はどう?」

ヘロヘロ:「その時になってみないと分からないな」

嬢:「じゃあ、又、連絡するね」

それから、恐怖の毎日。

「土日の夜会える?」って
嬢から、コンスタントに電話がかかってくる。

繰り返し掛かってくる電話に面倒になって、
嬢と会うことにした。

待ち合わせ場所は、日曜日の夜、彼女が勤める六本木お店の前。

二人でタクシーに乗り込み、
嬢が行き先を告げる
「歌舞伎町まで」

歌舞伎町?!

 

教訓:

酒席で、金品の話はしてはいけない

キャバクラで安易に、連絡先を教えてはいけない