5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

フルマラソン初心者の大会(レース)での持ち物

何も知らないで、走った初マラソンの反省を経て、

今は、リュックサックを背負って走るようにしています。

私は、ベストタイムが約4時間半のサブ5のファンランナーなので、
サブ4を切る様な方は、別だと思いますが。。。

 

初マラソンでの反省は、ズバリ、腹が減る!
それと、のどが渇く!

 

お腹が空くという事は、なんとなく聞いてはいたのだが、
途中、給水地点もあるし、バナナももらえるし、なんで?と思っていた。
本当に腹空くの?と思いつつ、
初マラソンでは、カロリーメイトのスティックをウェストポーチに入れていた。

実際に走ってみると、
途中、お腹が減り、頭が真っ白になりそうになり、ガマンできなくなったので、
カロリーメイトを食べたら、ゲホゲホ。。。

のどが渇いている状態で、パサパサカロリーメイトを食べたら、
それは、そうなるだろ!
と今なら、思うのだが、当時の私は、そんなことを考えてはいなかった。

次の給水地点までの道のりを、ゲホゲホいいながら、走るという辛い思いをした。


二回目のマラソンでは、
ウェストポーチに、栄養補給用のジェルを入れて参加。

途中、お腹が空き、ジェルで、チューっと栄養補給。
ジェルならば、前回の様に、パサパサで苦労する様な事は無い。
今回は大丈夫と思ったのだが、実際は、ダメだった。

お腹が満たされなかったのだ!
頭が真っ白になることは、無くなったが、もっと食べたくなった。

30km過ぎあたりで、ジェルをチューッと吸って、栄養補給をした後、
35kmありでも、又、お腹が空いてくる。
もっと持ってくればよかったと、後悔。。。

 

そんな訳で、三回目以降は、ジェルを食事一回分の約600kcalぐらいを目安に
リュックに入れて走るようにしています。

600kcalの根拠は、
マラソン大会は、朝スタートをし、昼食より遅い時間にゴールする時間設定になっ
ている為、昼食分を食べないと腹が減る。。。
(科学的な根拠とまではいきませんが、まあ、なんとなくといった所です)

 

リュックサックを背負う理由は、、
・ウェストポーチにだけ詰めると重く感じる。
・リュックサックの方がモノを多く入れられる。
・ランニング用のリュックだと背中が固定される為、姿勢が良くなった感じがする。
 (実際に、なぜか、リュックを背負っていない時より、腰が疲れない)


私のリュックサックの中身

 

f:id:herohero-muryoku:20141122111536j:plain


・栄養補給用のジェル

・ビニールポンチョ
 スタート前、寒いので、防寒着代わりに着ています。あと、終盤、どうしても走れなくなって、歩くと寒くなるので、そういった時に使っています。

・筋肉痛用のスプレー
 脚が痛くなった時用のオマジナイ。実際にレース中で使ったことはありませんが、もっているだけで、なぜか安心します。

ティッシュ

 痰やツバを吐きたくなった時に、ティッシュに包んで、ポッケに入れるようにしています。

 

ただ、まあ、リュックにも弱点はあって、荷物を取り出しにくいこと。
そんな訳で、ウェストポーチも併用しています。


私のウェストポーチの中身

f:id:herohero-muryoku:20141122111230j:plain


・飴(男梅
 塩分とクエン酸が入っていて、なんだが、元気が出る感じがする。

・給水地点の案内
 何kmで、何があるかが、走っている途中に分かると、がんばれる気がします。
 あと、○km走ると、次は○○がもらえる!と分かると、やる気になれます。

・ペースを記入したリストバンド
 目標のラップタイムを書いて、走るとき、腕に巻きます。

・小銭
 本当は、お札も持って行きたいが、小遣い制で、なかなか妻がベースアップしてくれないので、小銭。

あとは、スマホを入れています。

スマホは、タイムの記録用。

iPhoneのRunmeterというアプリを使用しています。

 

 

 


ズボンのポケットにそのまま入れるという手もありますが、
ポケットだと、ゆさゆさ揺れてしまうので、リュックとウエストポーチがオススメです。

普段使いでは、
10km未満の給水しないでジョギングする際は、ウエストポーチ、
10km以上がっつり、走る際は、リュックサックにペットボトルを入れて走っています。

 

 

  


教訓
・腹が減っては戦は出来ぬ。
 レースタイムが早い人は、2,3時間でレースが終わるのですが、
 私の様に、4,5,6時間かかる人は、それだけ長時間運動している事になります。
 イメージとしては、
 踏み台昇降をスピードアップして2,3時間するのと、
 4~6時間かけて行う違いの様なものだと思います。
 お腹の減りとしては、時間をかけて行う方が減ります。

 

 

2016/09/19追記

給水が足りていて、カロリー補給目的なら、

ジェルでなくても、スポーツ羊羹もアリです。

給水地点の直前で、スポーツ羊羹を口に入れ、給水地点で流し込めば、

ジェルを持ち歩くよりも計量化できます。

(ジェルよりも軽くて、小さいのに、腹持ちが良いです。お腹ぺこぺこ二なってから食べても復活します。1本で約100kcal さっと取り出しやすい作りになっています)

味は、なんというか、水ようかんの水分を少なめにして、

糖分をギュット詰め込んだような味です。(普通の羊羹の方が美味しいのは確かです)

 

 上の写真のウエストポーチは、小さいタイプですが、

少し大きめのものが良ければ、このタイプがオススメ。

スマホ、スポーツ羊羹を入れても、まだ余裕があります。

ジェルも1個までだったら、入ります。

f:id:herohero-muryoku:20160919163602j:plain

スマホ・ジェル1個を入れる前

f:id:herohero-muryoku:20160919163513j:plain

スマホ・ジェル1個を入れた後。まだ余裕アリ。

f:id:herohero-muryoku:20160919163621j:plain

↑裏側(体側)から見たもの。クッションがあるのと、伸び縮みする素材で、揺れづらくなってる。

私は、お腹に大きなものがあると、気になるので、

走るときは、ウエストポーチを背中側に付けて走り、取り出す時だけ、前に向けてます。

 ↓楽天 (商品説明はこのリンク先の方が分かりやすいです)