読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

キャバ嬢への貢ぎ物、プレゼントで失敗しない方法

エロヘロ 婚活

キャバクラのキャストには、高いバックでも渡しておきゃ~いんだよ!

という考えもあるかも知れないが、
相手が欲しくも無いものを渡しても、
愛想笑いをしてはもらえるかも知れないが、
心からは、喜んでもらえない。

どうせなら、喜んでもらいたい。

ここぞ!という時は、サプライズ!として喜んで欲しい。

ズバリ、選ばせておいて、もったいぶる作戦!

相手が選んだものを、渡せば間違いない。
但し、そのまま渡したのでは、つまらない。
ちょっとビックリさせるのだ。

かなり、前だが、
マリさんというキャバ嬢に、ぞっこんになってしまい、
アクセサリーをプレゼントした時の事を書きます。

ヘロヘロ:「マリさん、欲しいものとかある?」

マリ:「急に、どうしたの?」

ヘロヘロ:「マリさんに、プレゼントしたくなったので。。。」

マリ:「いいよ、そんな、気を遣わなくたって」

ヘロヘロ:「俺、マリさんの事、好きなのかも知れない。。。」

マリ:「ホント?!」

ヘロヘロ:「何か、プレゼントしようと思うんだけれど、何がいい?」

(今は、結婚して、妻に吸い取られているので、すっからかんだが、当時、独身の時は、お金に困っていなかったので、本気で、なんでもプレゼントしたいと思っていた)

マリ:「いいよ」

ヘロヘロ:「俺が、プレゼントしたいって言ってるのに、迷惑?」

マリ:「迷惑じゃ無いけれど。。。」

ヘロヘロ:「好きなブランドとか無いの?」

マリ:「特に無いよ」

ヘロヘロ:「エルメスとシャネルだったらどっちがいい?」
(教えてもらえないときは、クローズドクエスチョンで、どっちかと聞くと答えてもらえることもある)

マリ:「ん。。。どっちも好きじゃ無いかな」

ヘロヘロ:「なんで?」

マリ:「大人っぽくて、落ち着いているのがいいかな」

ヘロヘロ:「エルメス似合うと思うんだけれどな。。。」

 「じゃあ、ルイビトン?」

マリ:「バックには興味ないかな」

ヘロヘロ:「時計?」

マリ:「時計も興味ないかな。。。」

ヘロヘロ:「なんか、クイズみたいだな~、そうやって、引き延ばして、延長させようとしているんでしょ?」

マリ:「そんなこと無いよ。。。」

ヘロヘロ:「まさか、指輪?」

マリ:「ヘロヘロからの指輪だったらうれしいかも、左手の薬指!なんちゃって」

ヘロヘロ:「本気?!」

マリ:「まだ、ヘロヘロの両親にも挨拶していないし、私の子どもだって、まだ、ヘロヘロのことをどうおもっているか分からないし。。。」

ヘロヘロ:「だめだ、妄想が止まらなくなってきた。。。」

マリ:笑

ヘロヘロ:「じゃあ、指輪プレゼントするよ」

マリ:「本気にした?」

ヘロヘロ:「本気じゃ無いの?」

マリ:「指輪は料理するとき邪魔だから、いらない」

ヘロヘロ:「なんだよ~。。。」

マリ:「本当は、ネックレスが欲しい」

 「イミテーションのパールのネックレスは、持ってるんだけれど、なんかね。。。」

ヘロヘロ:「本物が欲しいの、じゃあ、ミキモトに行こう!」

マリ:「シルバーのネックレスがいいんだけれど」

ヘロヘロ:「ティファニー?」

マリ;「ブルガリ」

ヘロヘロ:「なんか、高そうだな。。。」

マリ:「ヘロヘロ、何でも良いって、言わなかった?」

ヘロヘロ:「言ったような、言わなかったような。。。」

マリ:「いいよ、ヘロヘロとはこうやって、会えるのがうれしいから、プレゼントはいらない」


そんなこんなで、その日は、別れたのだが、
ある同伴をした日。


ヘロヘロ:「ブルガリのお店に寄ってみようよ」

マリ:「いいよ、気にしないでいいから」

ヘロヘロ:「見るのはただだから、いいだろ」

マリ:「良いって・・・」

ヘロヘロ:「俺の言う事、聞けないのか?、一人だと入りづらいから、一緒に行くぞ!」
マリ:「・・・」

そうやって、お店に入り、

ヘロヘロ:「これ、マリさんに似合うんじゃ無い?」

マリ:「高いよ・・・」

ヘロヘロ:「お店の人にお願いして、つけてみたら?」

 お店の人を呼び、
 「スイマセン、このネックレス、あわせて見たいんですが?」

マリさんに、ネックレスをつけてもらい

ヘロヘロ:「似合うな~」

 「どうですか?」
 と店員さんを見ながら言うと、

店員さん:「そうですね、お洋服ともあって、いいですね!」


マリ:「・・・」

ヘロヘロ:「ちょっと、彼女と相談してから決めます」

そう言って、棚に、ネックレスを戻してもらった。

ヘロヘロ:「どう?気に入った」

マリ:「え、高いからいいよ」

ヘロヘロ:「俺は、気に入ったかを聞いてるの?」

 「ちゃんとYesか、Noで答えて」

ヘロヘロ:「ネックレスは気に入りましたか?」

マリ:「・・・」

ヘロヘロ:「あのね~、Yes or No! どっち?」

マリ:「でも、高いから悪いよ」

ヘロヘロ:「Yesって言ったら、俺、買うと思ってる?」

マリ:「うん。。。」

ヘロヘロ:「ダメダよ、人の話、最後まで聞かなきゃ、買うなんて、俺は、一言も言ってないぞ」

マリ:「え~・・・」

ヘロヘロ:「見るだけって、言ったじゃん」

マリ:「もう、真剣に悩んで損した」


ブルガリの店を後にし、近くのお店で食事。

食事中

ヘロヘロ:「ダメだ、お腹が痛い。。。」

マリ:「どうしたの?」

ヘロヘロ:「下痢」

マリ:「大丈夫?」

ヘロヘロ:「ガマンできない、ちょっとトイレに行ってくる」

 「あ、そうそう、下痢だから、大ね、時間掛かるから。。。


そう言って、トイレに行くふりをし、
一人、ブルガリのお店へ。。。


先程、応対して下さった店員さんを呼び、

さっきのネックレスを下さいとお願いをし、
支払い手続き。

店員さんもサプライズだったようで、
「まさか、今日、買って行かれるとは。。。」
とビックリの様子。

途中、マリさんから、電話、メールが何回も来るが、
電話には出ず、
メールで、
”下痢がひどいので、薬買ってくる”と返信。

ダッシュで、マリさんのもとへ向かう。

息を切らしながら、
ヘロヘロ:「ごめん、遅くなっちゃった」

マリ:「大丈夫?心配したんだから・・・」

ヘロヘロ:プレゼントを持ちながら
 「はい、これ」

マリ:「え?!」


その後、マリさんは、
信じられない!
心臓がバクバクしていると言ってた。

 

この作戦は、もともとは自分であみ出したのではなく、

ひすいこうたろう氏の本からの実践。

当時の私は、モテからは、ほど遠かった為、キャバクラで高い授業料を払って勉強してた。

 

あのお金があれば、、、と今、思う。

 

同じような作戦を妻にしたところ、
「あなた、様子が変だよ?」と言われ、途中で失敗に終わった。

3秒でハッピーになる モテ名言セラピー

3秒でハッピーになる モテ名言セラピー

 

 


教訓:
・プレゼントをするものは、相手が選んだものならば外さない。
・選んでその場でプレゼントするのではなく、一旦、間を置くとサプライズになる。
・気心知れた間柄だと、途中で、怪しまれ、失敗することもある。