読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

夏のキャバクラの思い出 ビールと浴衣

反省 エロヘロ

暑い日は、生ビールがうまい。

特に、一杯目に飲むビールがうまい。


ハウスボトルのウィスキーなんて、もっての他。

ビールなのだ。

キャストもビールが飲みたいと言ってくる。


その昔、六本木のキャバクラで、そんな所に目を付けたのか、
ビールのチケットを販売するお店があった。


ビール10杯分のお値段で、11杯分のチケットです。

なんて感じで、売られていた。

確か、ビール一杯千円なので、チケット1冊が、一万円。


シラフの時だったら、絶対に買わないのだが、
買ってしまった自分がいた。


店に入り、
指名していたキャスト(仮称:えりさん)と合流。

ヘロヘロ:「ビール飲みたいな」

えり:「私も飲みたい」


ヘロヘロ:「でも、お店のビールって冷えてないでしょ?」

     「オレは、キンキンに冷えたビールが飲みたい」


えり:「ビールサーバー新しくなったから、冷えてるよ」

ヘロヘロ:「ビールもそうだけれど、キンキンに冷えたグラスで、飲みたい」

えり:「それは、居酒屋じゃないと(笑)」


ヘロヘロ:「居酒屋の方がいいな・・・」

えり:「なんで、今日、来たの?」

ヘロヘロ:「あのね、それは、えりさんがしつこいぐらいに、営業メールと電話をしてくるから」


えり:「あ、そうか(笑)」


そんなどうでもいい話をしている時に、
目の前を、野球場のビールの売り子さんが、背負っているようなビールサーバーを背負ったキレイな女性が通り過ぎる。

目で追うヘロヘロ。。。


えり:「ビックリした?」

ヘロヘロ:「今、ビールサーバー背負った人通ったよ」

えり:「そう、キャンペーンやってるの」

ヘロヘロ:「何のキャンペーン?」

えり:「ビール飲みたいっていうお客さんが多いから、ビールのキャンペーン」

ヘロヘロ:「見りゃ、分かるよ(汗)」


すると、ビールサーバーを背負った美人の売り子さんと目が合った。

売り子さん:「今、キャンペーンをやっていて、10杯分のお値段で、11杯分が1冊になったチケットがあるのですが、どうですか?」

ヘロヘロ:「一人じゃ、11杯分も飲めないよ」

売り子さん:「キャストの分も、このチケットで大丈夫ですよ」

ヘロヘロ:「え? じゃあ、ビール飲ませてって、たかられた時、このチケット使えるの?」

えり:「たかるって、ちょっと・・・」

ヘロヘロ:「えりさん、たかってくるじゃん」

売り子さん:「どうですか? えりさんのプレゼントにも」

ヘロヘロ:「今、ここで買ったら、そのこの売り上げは、誰の手柄になるの?」

売り子さん:「今、えりさんを指名されているのでしたら、えりさんですかね(笑)」

ヘロヘロ:(売り子さんの方を見ながら)
   「え、売っておきながら、売り子さんには加算されないの?」

売り子さん:「少し、加算されるかな」

えり:「ビール飲みたいな」

ヘロヘロ:「売り子さんが、オレの横に座ってくれるなら買う」


売り子さん:「それは・・・」

えりさん:耳元で、ヘロヘロにささやく

 「キャストの様な接客が嫌で、スタッフとして、働いているんだから、
  あんまり、しつこくすると、面倒なことになるから、やめた方がいいよ」


その時、黒服のお兄さんが現れ、

黒服のお兄さん:「お客様、申し訳無いのですが、ビールの販売をしているスタッフは、キャストでは無いので・・・」

えりさんに、ほらみろといった感じで、ちょっとにらまれる。

そして、売り子さんは去って行った。


それで、終わりにすればいいのに、

ビール券、3冊下さいと手を上げて、売り子さんを呼び、
売り子さんに握手してもらい、キャッキャ騒ぐ、おばかな自分がいた。

 

当然、チケットは一日では使い切れず、その後も通い続けるという悪循環。
しかもチケットには有効期限があって使えるのは、8月末まで、
聞くと、ニッパチ(2月と8月)は、特に売り上げが低いので、8月の売り上げの数字をあげるようにするためのキャンペーンとのこと。


その後も、浴衣キャンペーンなるものに、つられ、
通い続ける自分がいた。

トホホ。。。