読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

悪い家庭が人を強くする ビートたけしと私の共通点

愚痴

私の父親は、酒を飲むと、よく私を殴った。

母にも手を上げていた。

酒を飲んでいなくても、
何か、嫌な事があると、すぐに大きな声を出し、
すぐに、人を呼び寄せ、そして、殴る。

とんでも無い人だ。


今で言う所の、DVってやつ。
(昔は、そんな言葉無かったな。。。)


小学校の時、上級生にいじめられ、ケガをして、家に帰ると

父から、「負けてくるな!」と殴られ、

翌日、顔にあざを作って、学校に行った事がある。

その際、学校の先生も心配し、
うちの両親を学校に呼び、話をしてくれた事がある。

しかし、、、

その日、帰ってから、父親に、私と母親がフルボッコされ、、、

それ以降、他者がいい人でも、

他者に頼っても、期待できることは少ないという事を学習。

 

そんなこんなで、
・すぐに怒鳴る
・すぐに暴力を振るう
・話が通じない
  人に対しては、慣れてしまっている。

そのお陰かどうか、
前職の建設業では、
”動じない人”として、それなりに、評価してもらっていた。

今の会社でも、パワハラをする上司がいて、周りは引いているのだが、
怒鳴られても、負けずにやり返している。

 

こういう困ったことをする人の特徴として、
持久力は無い。
ずっと怒り続ける事は出来ない。

やってもやり返してこないと分かると、もっと強気に出てくる。

それと、どっかのタイミングで、優しくなる。

等々の特徴があり、それに対して、それなりに、なんとか、対処出来ている。

 

今、思うと、父親のお陰だな。。。
とおもう。

そういえば、ビートたけしの家庭もひどかったらしい。

ひどい父親が偉人を生むので、あれば、オレも偉人か?! 

 

たけしくん、ハイ! (新潮文庫)

たけしくん、ハイ! (新潮文庫)

 

 

しかし、残念ながら、私は、偉人でもなく、凡人。

 

過去に向き合って、カウンセリングを勧めようとするトレンドもあるが、

私としては、過去を笑って受け流すようにしている。

 

あのひどい、父がいたお陰で、今の私がいるのであって、

もし、父親が優しかったら、上司のパワハラに負けてしまうだろう。。。

(な~んてね)

 

とはいっても、

息子には、私のような思いはしてほしくないので、

優しく接するようにしてます。。。