読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

お金が無くても、最低限のお金でキャバクラで楽しむ方法・作法

以前、キャバクラに連れて行って欲しいという高校時代の同級生を

六本木に連れて行った事がある。


どうやら、初めてだと行きづらいようだ。

その点、
悪い上司に、否が応でも連れて行かれた私は幸せなのだろうか?!


さて、本題に入ろう

1.早い時間帯に入るべし。

キャバクラの料金システムは、店にもよるが、
時間帯によって変わる。

20時だと 6,000円/40分
21時だと 8,000円/40分
22時だと10,000円/40分 というような感じだ。

早い時間帯に入った方が得。

 

2.ボーイさんと交渉する


店の前にボーイさんがいるお店の場合、
ボーイさんと交渉をすると、多少値引いてくれる場合がある。

私が交渉に使うのは、
ドリンク代か、指名料

ヘロヘロ:「ドリンク代って、一杯いくらですか?」

ボーイさん:「1,000円です」

ヘロヘロ:「ビールでも?」

ボーイさん:「そうですね」

ヘロヘロ:「お姉さんが飲む分も?」

ボーイさん:「そうですね」

ヘロヘロ:「私が飲む分なら、分かるけれど、お姉さんの分も一緒ってひどいよ・・・」
ボーイさん:(苦笑)

ヘロヘロ:「○○(キャストの名前)さん、今日、出勤してます?」

ボーイさん:「出勤してますよ」

ヘロヘロ:「指名料込みで、今の時間だといくらですか?」

ボーイさん:「6,000円+3,000円(指名料)で9,000円ですね」

ヘロヘロ:「ドリンク一杯付けると、諭吉さんだよ」

     「少し負けてくれません?」

ボーイさん:「いや・・・うち、これでも安い方ですよ」

ヘロヘロ:「10,000円払うから、ドリンク1杯おまけしてもらえない?」

ボーイさん:???

ヘロヘロ:「私が飲む分と、お姉さんの分を併せて、1杯分にしてもらえませんか?」

     「今日は暑いから一杯目にビール飲みたい。ビール1杯おまけしてよ」

ボーイさん:「ちょっと待って下さい、確認してみます」

そう言って、インカムで確認し、その後OKの返事がもらえたみたいで、

ボーイさんからOKの返事をもらうことが出来た。

たかが、千円、されど千円。交渉出来るなら、交渉した方が良い。

 

3.高い酒は飲まない

ドリンクは基本頼まない。ビール1杯で1,000円かかってはたまらない。
自分で飲むのは、ハウスボトル。

理由は、ハウスボトルであれば、タダだからだ。
(但し、事前に値段を確認しておくべし)

着席し、何にしますか?
と言われたら、
「ハウスボトルは、何がありますか?」と聞く。

すると、ウィスキーが○○で、焼酎が○○といったように教えてもらえる。

ぼったくりに会わないか、心配だったら、
「ハウスボトルは、基本料金に含まれていますか?」
と聞いても良い。


4.キャスト用のドリンクは1本まで

複数のキャストにドリンクをたかられては、面倒だ。
お金がいくらあっても足りない。

注文するにしても、本命一本に絞る。

複数のキャストが席にいるのに、一人のキャストのみにドリンクをつけるのは難しい。
見え見えのえこひいきをしてもいいが、その先どうなるかと思うと、恐くて出来ない。

どうやって、注文するかというと、
キャスト経由ではなく、ボーイさん経由で注文をする。

ボーイさんに、
「○○さんに、ドリンク一杯つけてくれませんか」
とお願いするだけだ。


経験豊富なボーイさんの場合、
そっと、○○さん(キャスト)にドリンクを渡してくれる。
もちろん、ヘロヘロからのドリンクだとして伝えた上でだ。


2杯目以降をたかられたら、
ズバリ、「お金が無い」と伝えよう。
決して、「もったいない」とは言わない事だ。


5.延長しない

延長するのと、指名するのはどっちがいい?と聞くと、
指名の方が良いと私が通っていたキャストは、答えた。

そんな訳で、
延長して欲しい(自分が延長したいと思っても)、
心を鬼にして、又、来るから、そう言って、時間内に退店。


たまに来て、散財するよりも、
ちょこちょこ来て、指名をしてくれる客の方がキャストには喜ばれる。


お財布的にも、散財するのはイタイ。

 

え、お金がもったいなかったら、
キャバクラに行かないのがいいって?!

私もそう思います。。。

でも、キャバクラに通っていたあの頃の思い出は楽しかったなあ。。。

 

 

LOVE理論

LOVE理論

 

 

 

スパルタ婚活塾

スパルタ婚活塾