読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

プラモデル用の安価なおすすめのニッパーを見付けた!その名も”普通のニッパー改” by ゴッドハンド

息子がプラモデル付の食玩を持ってきて、

「パパ組み立てて!」と言ってきた。

じーじ、ばーばとスーパーマーケットに買い物に行った際、買ってもらったようで、
笑顔で迫ってくる。

よーし分かった!

組み立てよう!と言いたい所だが、悩ましいのは、道具。

食玩のプラモデルとはいえ、ここ最近のものは、結構細かい。

ハサミやカッターで太刀打ち出来るものではない。

ニッパーが必要だ。


電工ニッパーなら持っているので、それを使おうとしたが、ダメだった。

電工ニッパーは、配線を切る事を目的としている為、刃先がフラットじゃない。

f:id:herohero-muryoku:20160925163802j:plain

フラットでないと、カッターか、やすりで加工しなければならない。


やむを得ず、電工ニッパーをあきらめ、
カッターを使うことにした。
ランナーから切り離すことに、悪戦苦闘していると

息子は、「まだ?」と言い、

妻は横で、「遅いね」と言ってくる。

なんとか組み立て終わっても、
あまりに時間がかかったせいで、微妙な雰囲気。

パパの下部は、下落の一途。。。

 

道具が悪い!!!
プラモデル用のニッパーが手元に無いんだから、
時間が掛かっても、しょうがないだろ!!!

と言いたい気持ちを抑え。

時間掛かっちゃったね(汗)と笑ってごまかすのが精一杯だった。

もし、道具のせいにしていたら、
妻から、
「また、そうやって言い訳する。」
「あんたは、いつも言い訳ばかりじゃない!!!」
と言われるのが落ちだ。トホホ。。。

 

数日後、息子が、又、プラモデル付の食玩を持って来て、

「パパ作って!」と言ってきた。

以前の記憶がよみがえり、
私の思いとしては、作りたくない。。。

どう、作らずに逃げるかを考えてみた。

妻に、「作ってみたら」と言った所、

妻:「私は作らないよ」

 (妻は、口は出すけれど、手を出すタイプでは無い)

ヘロヘロ:「でも、手先得意じゃない?」

妻:(否定もせず)そうだけれど、いいよ、あんたが作れば」

ヘロヘロ:「オレ作ると、時間掛かるから・・・」

妻:「いんじゃない、時間掛かっても」

妻と話しても、いつも私が負けることになっている。

(いや、私が負けるように、話しているのかも知れない)

そんな訳で、
退路を断たれた。。。

 

こうなったら、息子を説得。

ヘロヘロ:「パパ、作るのに時間がかかるけれど、良い?」

息子:「いいよ、待ってる」

そんな訳で、再びカッターを使い、悪戦苦闘しながら作った。


おい、待てよ。

一度あることは、二度ある。二度あることは三度ある。

又、プラモデルを作ることになったら。。。
と思って、プラモデル用のニッパーをネットで探してみた。

Amazonで、”プラモデル用” ”ニッパー”のキーワードでいざ探してみると
高い!!!

 

ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー 5.0

ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー 5.0

 

 

おいおい、四千円台ってなんだ?!

評価はすごいけれど、そんなに高級品はいらない。

評価が良くて、値段がもっと安い物では、
タミヤのニッパーが二千円程度であったのだが、

 

 私にとって、二千円は十分高級品。

 

安い物もあるのだが、評価が両極端で、悩む。。。

 

ベビーニッパー (D-1)

ベビーニッパー (D-1)

 

 

ネットをあきらめ、リアル店舗で探すことにした。

百均(ダイソー)で探してみるも、私が行った店舗がたまたまだったのかも知れないが、
電工ニッパーはあるのだが、プラモデル用のニッパーは無い。

次に行ったホームセンターでは、
プラモデル用というか、プラスチック用のニッパーはあるのだが、
金額はほとんど三千円台。


しょうが無く二千円台のニッパーを買おうとAmazonでポチッとしようとした所、
もしや、楽天は?と思い
”プラモデル用” ”ニッパー”のキーワードで検索してみた。

 

その名も”普通のニッパー 改”


 


オレが求めていたのは、こういうの!

高級品で無くていいから、普通に切れればいい。

そう思って、ポチッと購入。


数日後、商品が届いた。
送り主は、ゴッドハンド
上述した約四千円する高級ニッパーを作っている会社と同じ。

 

所在地は、新潟県三条市
金物加工で有名な土地柄。

 

送り主が、”ゴッドハンド”と大きく書いてあって、家族からは、
大人のおもちゃでも買ったのか白い目で見られていたが、
プラモデル用のニッパーであることを説明し、事なきを得た。


届いたものを見てみると、
刃先にカバーが付いていて、親切な第一印象。

f:id:herohero-muryoku:20160924175208j:plain

刃先には、JAPANの刻印有。

ニッパーには、ラッチがあって、

f:id:herohero-muryoku:20160925164301j:plain


それを外すと、全開まで大きく開くことも可能で、便利。

f:id:herohero-muryoku:20160924175331j:plain

実際使ってみても、切れ味も、問題無し。

さすがは、
MADE IN JAPANだ。

 

もう、これで、プラモデル付の食玩が来ても恐くない。

さあ、息子よ。

プラモデルを持ってこい。


おっと、ここで疑問が。
普段、妻と義母(妻の母)から、子どもをモノで釣るなと言われており、
私が、お菓子やおもちゃを息子に与えると、すごい勢いで私が怒られる。

私が、以前、息子にミニカーを買って帰ったら、
妻と義母に、
「子どもをモノで釣るなんてサイテー!!!」

とケチョンケチョンにけなされた。

逆に、じーじ(義父)、ばーば(義母)が食玩を息子に買い与えても何もおとがめが無い。


こういうのって言行不一致だと思うのは、私だけだろうか。

いや、そんな事、考え無いことにする。


妻の実家に暮らしていると、理不尽な事が色々あって、
社会で苦労して学ぶ事も、この家族では、当たり前のように学べる。

なんてありがたい家族なんだ。
(と思う事にする)

 

”普通のニッパー改” 

送料は、ネコポスを選択すれば¥200  (2016/09/25現在)


 

オススメです。