読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

二人目が生まれて、改めて感じた、妻の親の存在

反省 愚痴

先日、二人目が生まれました。

性別は女。

私が男性不妊だったせいもあって、子どもが出来れば、性別はどちらでもいいと
一人目の時は思っていたのだが、
二人目の時は、少し贅沢になり、女の子が良いと、妻が言っていた。
(一人目は、男です)

 

私自身、男性不妊で、妻から、
「あんたのせいで、子どもが出来ない!」

と罵られていたので、
二人の子どもが出来て、一安心。

と思いきや、そうでもない。

 

子どもが生まれたら、生まれたで、
こっちへのあたりが厳しい。

・お金が掛かるからと言われ、小遣いを減らすぞと脅された
 (只今、一生懸命、抵抗中・・・)
・上の子の赤ちゃん返りについて、なんとかするように言われている
 (男で、いくら頑張っても無理なものは、ムリで、やっぱりママ)
・”私は忙しいから”と言われ、公的な手続きその他を丸投げされている
 (前までは、私が届けに行ってはいたが、どういう手続きをすれば良いか等については、話し合って決めていった)
・一緒にいると、イライラするから、見えないところにいて!と言われている
 (くそ寒い部屋で一人過ごしている)
・長男と寝ると、イライラするから、長男と寝てね!と言われている
 寝るときは、長男と二人。長男は、ママに甘えたい盛りなので、長男にパンチされ続けている。


私は、子どもは一人でもいるだけありがたいと思っていたのだが、
妻は、二人はMUSTと、私に言い続けていた。

なぜ、二人以上なのか?と聞くと、妻は、妹との二人で育ってきており、
兄弟がいないとダメだとの事。

私にはよく分からないのだが、何が何でも二人と言っていた。


妻の親と同居していて思うのは、
妻に対して、影響が大きいのは、妻の母親。

私にとっては義母だ。

子どもが二人以上必要と言っていたのは、どうやら義母。

今思えば、妻が、長男を出産したときも、
「二人目ね!」と言っていた。


義母に、なぜ、二人以上なのか?と聞いたら、こんな答えが返ってきた。

・兄弟がいた方が良いから
・兄弟がいないと親がいなくなっても助け合って生きていけない
・兄弟がいないと、人間としてダメだから
といったもの。

では、一人っ子だとダメなのか?
と聞くと、

又、理屈を言って!と文句を言われた。

 

結婚をするにあたって、
相手がどういう育て方をされてきたのか?
相手の親がどういう人なのか? という事も大切だな。。。
と40歳を過ぎて、今更ながら、感じている。