読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

リストラ対象になりました

昨年末に会社から、
『会社が解散』する旨の説明を受けた。

私の会社はとある企業のグループ会社に勤めているのだが、
そのグループ会社の業務をアウトソース・縮小し解散をするとのこと。

要するに、私は、会社から必要の無いものと烙印を押された形

目の前が真っ暗になった。
(私自身の業務は、
ニッチな?!技術力が必要な仕事をしている為、そう簡単にアウトソースされないだろうと思っていたが、どうやら違ったようだ)

今まで、この会社給料安いな。

グループ会社とはいえ、親会社以上の働きをしているのだから、給料水準が親会社と違うのはオカシイ、やってらんない。


いつか、こんな会社辞めてやるとか思っていた。


だが、いざ、会社側から、
『あなたの業務はありません』と言われると、
なんとも言えない気持ちになった。
(『辞めて欲しい』というのは、退職強要?!にあたるので、会社はそういう言葉は使わない。うまいこと、辞めてもらう為に、微妙な言い回しで責めてくる。会社もバカじゃない。)


会社から宣告された当初、
会社に対して、汚いフェアじゃない等々の気持ちがあったのだが、
一息ついて、今、思うのは、
普通に働けるって、とてもありがたいことだと思わなきゃいけなかったな。。。と反省。

選択肢としては、
早期退職優遇制度を使用し、会社がアウトソースすると決めた企業へ転職
早期退職優遇制度を使用し、別な企業へ転職
・別なグループ会社に居残る
  の三つ

どの選択肢も不確かで、
アウトソース先の企業へ転職出来る保証もなければ、
別な企業へ転職出来る保証も無い。

かといって、親会社も含めた別なグループ会社に居残っても、
どうなるか分からない。意図的に、転勤をさせられるかも知れないし、どんな業務をさせられるかも分からない。

こんな状況で、新年を迎えることになり、
当たり前のことだと思っていたことも、
本当はとってもありがたいことなんだな。。。と実感。


今年の目標は何か?と聞かれれば、

次の就職先を見つけること

それぐらいしか思いつかない。

他にも、家族のことや、資格取得とか色々あるはずなのだが、思い浮かばない。

f:id:herohero-muryoku:20170108164415j:plain
マズロー欲求段階説、今更ながら、うまいこと言うな〜と思った。

人間の基本的欲求を低次から

・生理的欲求 (Physiological needs)
・安全の欲求 (Safety needs)
・社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)
・承認(尊重)の欲求 (Esteem)
自己実現の欲求 (Self-actualization)

としているのだが、
働けるということは、
第1及び2〜4の段階が認められるということであり、

今思えばとても重要なことだ。

 

40才を過ぎて、転職活動をはじめたヘロヘロより

 

完全なる経営

完全なる経営