読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

年始の取引先との挨拶の断り方

仕事柄、施主サイド(クライアント)にいる為、年始の挨拶を受けることが多い。

アポ無しで、飛び込みで挨拶をしてくる取引先がいるが、ハッキリ言って迷惑

 

しかしながら、

年始初日は、挨拶回りと考えている人も多く困ったモノ。

大手設計事務所では、受付に、

”年始の挨拶はお断りします”

という旨の掲示がされている所もある。

 

私が、

どうやって断っているかというと、

事前にしていること

・年末の段階で、年始の挨拶はいらない旨を伝える

 

もし、年始の挨拶に取引先が来たら

・受付で断る

 

 という様にしている。

 

 

年始の挨拶は不要と伝えるにあたって、

キャバクラで、学んだ事を仕事に活かしている。

 

キャバクラは、お触り禁止。

それにも関わらず、お触りをしてくる相手がいる。

どうやって、キャストは断っているのだろうか?

 

興味があったので、

20代の頃、六本木のキャバクラに行った際、キャストに聞いてみた。

 

やんわりと断るには、事前に

”お触りしてくる相手には、お触りしてくる人の話をする”

とのこと。

 

お触りしてきそうだなと感じたら、

キャスト:「お触りしてくるお客さんとかいるじゃないですか」

客:「え、俺のこと?」

キャスト:「いや、違うって(笑)、前に、すっごく触ってきたお客さんがいて」

客:「へ~」

キャスト:「やめて下さいっていったのに、しつこく触ってくるの」

 「嫌だって言っているのに、触ってくるお客さんて、困るな。。。」

 「人としてどうかと思う」

と、お触りしそうなお客さんには、お触りしてきたお客さんの話をしているそうです。

 

そうすると、ほとんどのお客さんは止めてくれるそうです。

それでも、お触りをやめなければ、

もう、そのお客さんは、客では無く、邪魔者となり、

別室に連れて行ってもらうとか、出入り禁止とかの強硬措置をしてもらうそうな。

 

 

私も、年末の段階で、

「年始の挨拶とか言って、みんな年始初日に挨拶に来るのって、非効率ですよね!」

「あれってどうにかならないですかね?」

「挨拶を受ける方も迷惑ですよ」

「こっちだって、ヒマじゃ無いんだから」

と笑顔で伝えています。

 

年末に、年始の挨拶はいらない旨を伝えておいたにも関わらず、

「年始なので」とか言って、挨拶に来た担当者が来たら、

ただ、取り込み中とか、先約があってとか断っても来年も来る可能性があるので、

受付で内線をつないでもらった後、

「確か、年末に年始の挨拶はいいですよとお伝えしたはずですが」

とやんわり伝え、

それでも

「年始なので」と言われたら、

 

『年末に、どう、お伝えしたら、良かったのでしょうか?』

『いいですよではなく、お断りしますとお伝えすれば良かったのでしょうか?』

と伝えている。

(きっと嫌われているだろうな。。。)

 

相手が落ち込んでいるようだったら、

「とは言っても、今年よろしくお願い致します

と言うようにしている。

 

 

教訓

・年始初日の取引先からの挨拶は迷惑

 (挨拶だけではなく、他の用事があって事前アポがとってあるものは歓迎)

・キャバクラのキャストに教わった事がビジネスにも活きている

 (授業料はとんでもない額がかかっているが。。。)