5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

リストラ発表後の面談

リストラを行う会社側との面談。

 

面談は、1対1で行われた。

面談相手は、所長だった。

 

会社側:「どうでした?(リストラの)発表を聞いて」

 

ヘロヘロ:「直前に、あやしい感じがしたので、まさかと思いました」

 

会社側:「今後、どうしたいですか?」

 

ヘロヘロ:「どう答えたらいいですか?」

 

会社側:「アウトソーシング先に行きたいかどうかを、教えて下さい。」

 

ヘロヘロ:「行きたく無いです。」

 

会社側:「どうしてですか?」

 

ヘロヘロ:「○○の親会社の○○には、前職で、嫌な思いをしているので嫌です。」

 

会社側:「移籍金も出るから良いのでは?」

 

ヘロヘロ:「お話を伺っていると、アウトソーシング先に行って欲しいというように、受け取れる発言ばかりですが、そうなのですか?」

 

会社側:「本人の意思は尊重したい。今回の面談の目的は、率直な考えを聞くことであって、進路については、次回の面談で話をしたい。

しかしながら、現実問題として、会社に残れる人はわずかなので、アウトソーシング先に行きたいという人がいれば、それは後押ししたい。」

 

ヘロヘロ:「今の話を聞いて、アウトソーシング先には、さらに行きたく無くなりました。」

 

会社側:「では、どうしたいのですか?」

 

ヘロヘロ:「会社から残って欲しいと言われたら残りたい。もし、言われなかったら、他を探します。」

 

会社側:「会社からの内示は、かなり後になるので、他を探すのは難しいと思いますよ。」

 

ヘロヘロ:「会社からの内示発表前に、転職先を探そうと思います。」

 

会社側:「簡単じゃ、無いと思いますよ。」

 

ヘロヘロ:「どうせ、会社が無くなるのだから、有給休暇を使い切って辞めようと、思います。堂々と、平日昼間に、転職活動が出来るので、そんなに困らないと、楽観的に考えています。」

 

会社側:「本当に?」

 

ヘロヘロ:「ところで、○○さん(面談相手)は、どうしたいのですか?」

 

会社側:「会社の判断に従うしかないと考えている。」

 

ヘロヘロ:「残れると思ってるんですか?」

 

会社側:「他に行っても良いと思ってもいる。」

 

ヘロヘロ:「アウトソーシング先に行けば移籍金も出るのに、そっちには行かないのですか?」

 

会社側:「ヘロヘロと違って業務特性が違うから、アウトソーシング先から求めらないと思う。」

 

ヘロヘロ:「移籍金が出るのだから、応募はしてみたらどうですか?」

。。。

 

と逆質問していたら、時間切れになった。

 

自分自身の印象として、私は、会社に残れないなと思った。おべっかを使えばどうにかなるものでもなく、もう、はじめから決まっている感じがした。

 

教訓:リストラの面談の時には、既に、会社側の方向性は決まっているので、面談で、張り切ってもムダ。

 

 

リストラ アウトソーシング先の説明会が終わって

会社説明会を聞いてみて、どう思ったか、同僚と会話。

 

説明会を聞いての感想というより、

これから先、お互いどうする?ということを探りあってた。

 

Aさん(大ベテラン 50代):アウトソーシング先に行くと、移籍金ももらえるし、会社員としても年数が残り少ないから、年収が下がっても行くよ!と笑顔。

 

Bさん(40代):実際の条件詳細を確認した上で、家族に聞いてみないと・・・

 

Cさん(30代):今の会社に残れと言われたら残るし、アウトソーシング先に行けと言われたら他を探します。

 

大きくは、あと何年働くかによって、判断が分かれていた。

 

私には対して聞かれたら、

アウトソーシング先には行きたくない。親会社の〇〇建設には、ひどいことされて、恨みがある。その子会社に行くなんてもってのほか。」と答えていた。

 

帰宅後、家族に、アウトソーシング先の会社説明会の内容を説明しようとすると、

妻から「どうせ、給料下がるんでしょ!」との厳しいお言葉。

それに対して、「移籍後の役職にもよるかも」と言うと、

「役職が上がっても初めだけ良くて、トータルで考えたら、給料は増えないんだから、安く雇われるだけだよ」と、言われた。

 

アウトソーシング先に行きたくない私としては、妻の言葉は、待ってました!というものだった。

 

 

リストラ発表後のアウトソーシング先の説明会2

今、勤務している会社の社長の話が終わり、次はアウトソーシング先の会社による説明。

アウトソーシング先の社長から、
リストラされる側の我々に対して、
「まず、今回のプロジェクトは、皆様無しでは、成り立ちません」
との話しから始まった。

業務手順等のマニュアルを作成することの協力のことを言っているのかと思ったのだが、
要するに、今の会社から、アウトソーシング先へ転籍して欲しいとのことだった。

転籍してもらわないと業務が出来ないという切実な話を聞かされ、私は、絶対に転籍しないと心に決めた。

その後、アウトソーシング先の会社説明やら、給料等の条件の話があったが、頭に入ってこない。
だって、転籍しないって決めたから。。。

そんな私を尻目に、周囲は、必死にメモを取っている。

説明が終わって質問タイム。

誰も質問する気配無し。

そんな中、私は、はいっと手を挙げ質問をしてみた。

「説明を伺って、素晴らしい会社だなと思いました。同業他社との違い、これだという御社のポイントを教えて頂けると助かります」というようなことを聞いてみた。

回答は、覚えていない。
自分で質問をしておきながら、記憶に無い。"総合設備業"というキーワードを聞いた気がするが、記憶にのこっていない。

その他、
「現在、政府が進める 同一労働、同一賃金についてどうお考えでしょうか? 親会社に負けない、価値のある仕事をされている自負があると伺いましたが、親会社との賃金の差はどの程度でしょうか?」と質問した。

これには、相手も苦笑いで、親会社とは業態が違うので、賃金の差はやむを得ないとの回答であった。

「賃金の差を縮めるには、親会社に転籍する方法もあるかと思いますが、親会社に転籍する可能性はあるのでしょうか?」と食い下がって聞いてみると、

親会社への転籍の可能性は、無いとの回答であった。

「親会社との賃金の格差、悔しく無いのですか?」等を聞いたら、

アウトソーシング先の社長を、含め、親会社から来た人達であり、苦笑いしていた。


私の他は、有給休暇や、フレックス勤務の有無等についての条件の質問が2,3あって、説明会は終わった。

業務に戻ろうとすると、アウトソーシング先の人事担当者から、名刺交換を求められた。私のような、イキガイイ人に是非来て欲しいとのことだった。

私は、なんだか、スッキリとした気持ちだった。
イヤミな質問をしても、笑顔で名刺交換を求められ、悪い気はしないが、この会社に転籍しても未来は無いなそう思い、第三の道を探すことに決めた。

あとは、家族がどう言うかだ。

教訓:いろんな可能性を残しておくのは有効かと思うが、方向性を自分で決めるとスッキリする。

 

 

リストラ発表後のアウトソーシング先の説明会1

アウトソーシング先の会社の説明会に参加した。
アウトソーシング先の会社の社長、人事担当者、それと、その親会社の役員が来ていたと思う。あと、今、勤めている会社の社長。
その他は、私のようなリストラ対象者。

席は、皆、遠慮がちに、後ろに座っている人が多かったが、私は、最前列に座った。

もし、アウトソーシング先に転籍するとなったら、出来るだけ良い条件でと思っていた。

説明会の開始時間になり、アウトソーシング先の会社の説明が始まるかと思いきや、今、勤めている会社の社長の話から始まった。

リストラがなぜ必要なのか、コア業務と、ノンコア業務の説明。
そして、アウトソーシング先の会社が選ばれた経緯の話やら、アウトソーシング先に転籍した場合の移籍金(早期退職優遇金にさらに上乗せ)等をし、社長の話は終了。

一旦、質疑応答があり、そこで、私は、こんなことを聞いてみた。

アウトソーシング先のA社は、素晴らしい会社とのことですが、なぜ、A社に決まったのですか?、購買規定では、3社以上の相見積が必要となっていますが、他の会社名を教えて下さい。あるいは、一社指定の場合は、指定理由書の内容を教えて下さい。」

それに対して、社長からの回答は、作り笑顔で、淡々と、親会社の決めたことで、君たちに言う義理は無いと言うような回答だった。

教訓:リストラをするにあたって、細かい質問をしても、会社側は、上の決めた事だからと淡々と話を進めようとするだけなので、無駄。

リストラ発表翌日、会社からの連絡

同僚との談義もほどほどに、会社から以下の連絡があった。

1.アウトソーシング先の会社説明会
 参加は任意とのことだが、今の会社の社長の他、実際に、アウトソーシング先の社長が来て、説明するそうな。
 その日程連絡があった。
 説明会は業務時間中に行うとのことで、説明会の参加希望者は、上長に参加する旨を伝えるようにとのことであった。

2.個別面談開始
 会社からのリストラ通告というより、会社からの発表を受けてどう思ったのか等も含め、面談をするとのこと。
 面談日程について、共有フォルダにExcelをUPするので、それに、各人が希望の日程に、自身の指名を書き込むようにとのことであった。

3.転職エージェントの案内
 会社が斡旋する転職エージェントを活用したい場合は、各個人でエージェントに連絡をとるようにとのこと。
 エージェントと会社のやりとりについては、エージェント側から請求された金額を会社が払うだけであって、エージェントと個人の細かいやりとりまでは、関与しないとのこと。

上記を受けて、
周囲の反応はというと、
1.アウトソーシング先の説明会
 業務をアウトソーシングすることが確定している部門の参加率100%
 それ以外の興味がある人、数人
 ⇒わたしも参加することにした。

2.個人面談の日程
 後ろ側の日程を希望する人多数。
 早い日程はガラガラ。
 ⇒私は、どうせ待っても好転する訳ではないし、モヤモヤしているのならと思い早い日程で予約した。

3.転職エージェントの活用
 転職希望の人はいるのだが、活用するという人はほぼゼロ。
 会社は否定しているが、会社側に情報が筒抜けとなってしまうのは嫌とのことだそうな。
 ⇒私は、タダだし、会社が指定するエージェントってどんなことしてくれるのだろうという興味から、エージェントを予約してみた。

 

教訓:リストラ発表後は、動きがあわただしくなる。
他の人の動きを見て行動するのも有だが、
学生の時と違って、オトナの進路相談に先生はいない。
遅れても面倒は見てくれないので、他人に流されず、ある程度の自分自身の考えを持っていると気が楽。

リストラ発表翌日の職場での話題

朝、妻から、「生活かかってるんだから、ちゃんとこれからのこと考えてよね!」と釘をさされた。

それに対して、「わかった」

と答えるのが精一杯だった。

会社に行っても楽しくもないことが分かってはいたが、
妻から逃げたい、早く出勤したいそう思った。

出勤し、話題は、やはり、皆の進路。
選択肢は以下の3つ
1.そのまま会社に残る(しがみつく)
2.アウトソーシング先に移籍する
3.潔く、転職する

 

1.そのまま会社に残る
今の会社、正確にいうと今の会社のグループに残るには、会社から、残って欲しいと言われ、それに応諾する
あるいは、会社から、何を言われても、移籍も転職もせずにしがみつく。

前者の場合はスムーズに行くが、後者の場合は、どこに配属されるか、何をされるか分からない。。。


2.アウトソーシング先に転籍する
一番楽。移籍金も入る。
ただし、給料が、現時点では不明。


3.潔く転職
今の組織に関係無い所に転職。
転職にあたって、会社は、転職エージェントの活用を支援するという。
ここでいう支援とは、転職エージェントに支払う費用を会社が負担するというもの。


私の職場では、
1のそのまま会社に残るが一番人気
現時点では、何人に残って欲しいのか、何人にアウトソーシング先に転籍して欲しいのか明らかにされていなかったので、楽観的に考えている人が多かった。

2のアウトソーシング先に転籍は、一人のみ。
本人曰く、年齢が年齢なので、移籍金をもらって、退職するのが一番コスパがいいとのこと。

3の潔く転職は数人。
「もう、こんな会社辞めてやる!」という輩が数人いた。


私はどうかというと、今の会社に残って欲しいと会社に言われた場合は、残り、
もし、転職、あるいはいらないと言われたら、転職しようと考えていた。

 

教訓:周囲の考えを聞いても、落ち着かない。
自分の考えをそれなりに持っておくと楽。

リストラ発表後の家族会議

帰宅途中、会社のプレスリリースのHPリンク先をと以下のメッセージを妻にLINEで送った。

"〇〇年〇月末をもって、今の会社(〇〇)が無くなることになりました。
退職に伴う一時金や、社内の転籍対象の人数等詳細についての発表はまだされていないのですが、別会社へ行かなくてはならないのは確かです。
今日は、定時で帰ります。"

妻からの返答はこうだ。


公務員と結婚しといてよかったね

給料下がらなければよし

お父さんとお母さんにも帰ったら話しといて
私は子どものお世話で忙しいから

帰宅し、同居している妻の父、母に「今、勤めている会社の業務がアウトソーシングされることになったので、今後は、アウトソース先に転籍するか、別会社へ行かなくてはならなくなるかも知れない。」との話をした。

教訓:悪いニュースは出来るだけ早く伝え、家族にも当事者になってもらう。
ただし、不安をあおるような直接的な"リストラ"といったような言葉はこの時点では使わないようにする。