読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

お願いした仕事を相手がミスした時にかける言葉

私自身、完璧な人間では無い事は、重々承知。

 

でも、相手がミスすると許せない。

 

誤字脱字、数字の桁間違い、その他ちょっとしたミスをされても、

イラ~っとくる。

 

間違いに気付き、自分で直す場合もあるのだが、

一言、言わなければ許せない。

 

おい、ふざけんな、ミスしやがって、俺はゆるさね~からな!

 

という代わりに、私が、ミスした相手にかけている言葉

 

「どうした? らしくないじゃん!」

 

”じゃん”が入ると、私が神奈川県出身だという事がバレバレなのだが、

 

「らしくないよ!」

 

「らしくないな!どうしたの?」

 

でもいい。

 

 

 

今の所、8割から9割位、「らしくないよ!」と声をかけた相手から、

「ごめんなさい」と言われています。

 

(たまに、あれこれ、どうでもいい 言い訳をしてくる人もいますが、

そういう人は、見切りを付けています。

一度目は、我慢しても二度目は我慢しません。)

 

こっちもイライラしてはいるものの、

次も又、お願いする事もあるので、悪い関係を引きずりたいとは思っていない。

 

謝られれば、「もう!」とは思っても、それ以上悪い気はしない。

 

なぜ、ミスしたのかを振り返ってもらい、

次、キチンとしてくれればいい。

 

怒られた相手は身構えるが、

「らしくないよ!」と言われれば、

身構えることをせずに、自分で、これはいけないなと思ってくれる。

 

 

教訓

・イラッとした時こそ、冷静に。

・謝ってもらえると、落ち着くときもある。

・相手に振り返ってもらうきっかけをつくる事が次への改善につながる