5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

妻と買い物に出かけた時、心がけていること(ガマンしていること)

 

世の中はボーナスシーズン到来。

バーゲンセールも、ちらほら始まりだした。

以前、妻から、

「あなたと買い物をしてもつまらない」

と言われ、家で、泣かれた事がある。
買い物に行くときは、妻の母親か、妻の妹と行くから、
あなたは一緒に来なくて良い。
(来ないでくれ)
と言われていた。

 

今思うと、その時の買い物での状況はこんな感じ。

妻:「この服、いいよね」

私:「君がいいと思うんだったら、いんじゃない」

妻:「・・・」


妻:「このシャツ、あなたに、似合うと思うんだけれど、どう?」

私:「シャツは沢山もっているから、もういらない」

妻:「・・・」


今、思えば、妻が、つまらないという理由も分かる。


今は、こうしている。

妻:「この服、いいよね」

私: (出来るだけ、リアクションを大きく)

   「いんじゃない!」

妻:「そう、私もそう思ったの!」

 

(この後は、ただ、相づちだけ打っていれば、そのまま向こうが話してくれる)

 


妻:「このシャツ、あなたに、似合うと思うんだけれど、どう?」

私:「え、どうかな?!、サイズは?」

(とりあえず、合わせてみて、悩むそぶりをみせて)

私:「どう、似合う?!」

妻:「いいと思うよ」

私:「これは、家計費?、小遣い?」

妻:「家計費でもいいよ」

ほとんどの場合は、小遣いと言われ、却下されることが多いのだが、まれに家計費でもいいと言われる事があるので、、、家計費でも良いと言われた場合は


私:「ん。。。家計費でもいいなら、買ってもらおうかな。
 あ、そうだ、オレ、シャツまだ着てないの結構あるよ、悪いからいいよ。」

(まず、受け入れてから、断る。。。)


そんなこんなで、
ここ最近は、買い物中、妻が不機嫌になる事は、ほとんど無くなりました。

今は、荷物持ち、子供の世話係といったものの他、
バーゲンセールの30%引とか、20%OFFとかの数字を見て、
「これいくら?」と私に聞いてくるので、
人間計算機として、私は、必要不可欠な存在となっています。

 

ああ、面倒と思いつつも、ビジネスに活かせるヒントは家庭にもあります。

まず、受け入れる。。。


教訓
・面倒だと思っても否定から入らない。
・まず受け入れる

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (6件) を見る