読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

家族や親戚の前でお酒を飲むときに気をつけていること

先日、妻の親戚と会う機会があり、

その際、お寿司屋さんでお酒をごちそうになった。

 

私自身、妻の親戚の間では、飲むと面白い人と思われているようで、

親戚も、妻も終始ご機嫌だった。


実のところ、私は、飲んでも面白くない人だった。
それが、どう、飲むと面白い人になったかを書こうと思う。


結婚後、妻の親戚とお酒を飲むことがあったのだが、
妻によく言われたことは、

「あんた、ちっとも楽しそうじゃ無い」

ということ。

私としては、
・話をしても面白くない
・話が合わない
・こんな無駄な時間を過ごすなら、他の事をしたい

と思っており、終始ムスッとしていた。


そんな私に対して、妻は、
「お願いだから楽しそうにして」

ヘロヘロ:「なんで?」

妻:「みんなが迷惑」

ヘロヘロ:「だったら、オレを置いていけば、オレは行きたくないし・・・」

といった会話をしたこともある。


実際、親戚の飲み会を何度か、ブッチしている。
(私自身、お酒は飲めるが、付き合い程度しか飲まない。
 しかも、楽しいお酒しか飲まないといった、飲む相手を選ぼうとする贅沢なヤツです)

 

そんな私だが、子どもが産まれ、
子どもへ何か、ちょっとしたおもちゃや、子ども服等のプレゼントを親戚からもらったりすると、不機嫌なダンナでいる事は、まずいなと気付き始めた。


困るのは、お返しがいらないようなものをもらった時、
不機嫌なダンナキャラだと、笑顔で御礼も言えない。

子どもが、親戚からおもちゃをもらい、喜んで遊んでいるのを見て、
ムスッとしたままで、いるのはかなりばつが悪い。

ヘラヘラ笑っても、気持ち悪いと思われるだけ。

会話も合うネタは持ち合わせておらず、退屈。。。。


今、どうしているかというと、
お酒を飲みつつ、周囲の人をべた褒めする。

親戚の飲み会では、
特に、誰を褒めるかというと、”妻”

朝起きるのは、一番遅くて、
朝食を作ってもらったことなんか無いぞ!
 とか、
休日は、パジャマのままで過ごして、着替えないんだぞ!
 とか、
たいした事もしていないのに、いつも、疲れたって言ってるんだぞ!
 といったことは、思っても言わずにぐっとこらえ、


いや~、うちの嫁さんは、すごいんですよ!
子どもに優しい!!!

こんなに優しいとは思っていなかった。

欲を言うと、私にも優しくして欲しい!


周囲は大うけ。

妻も嫌な思いはしていない。

それでいて、チクリと、私へ優しくして欲しいことも言っているので、
私自身も、少しスッキリ。

他には
・まずくても美味しそうに食べる。
・お酒を飲まされ、苦しくなったら、別な種類のお酒に変える。
 例:ビール→ウィスキー→ウーロンハイ→周りに気付かれない間に、ウーロン茶

   ビール→梅酒ロック→梅酒ソーダ→周りに気付かれない間に、梅ソーダ

  といったように、
  ビールの次に濃いものを頼んで置いて、
  がぶがぶは、飲まないぞといった素振りを見せつつ、薄めのものにチェンジし、
  最終的には、ノンアルコールで、逃げ切る。。。

 間違っても、ビール→焼酎→梅酒→日本酒・・・というように、
 濃いもの、しかも注がれるものをひたすら飲むのは、止めた方がいい。
 特に日本酒は注意。
 ウィスキーであれば、単価の高いものをチビチビ飲むのであれば、
 そういう人なんだなと思ってもられるかも知れないが、日本酒はどんどん注がれてしまう。


といったものがあるが、
一番大切なのは、人の文句を言わない事。

理由は、あとあと面倒だから。

基本は、周りの人を褒めまくる。

楽しくなくても、楽しそうにふるまうようにしてます。


そして、家に帰ったら、ゲロゲロやって、つぶれてます。。。
トホホ。。。

そんなまでして、本当は俺は、酒飲みたくないよ。。。

 

トホホ。。。