読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

フレックスを有効に使う方法:30分のFLEXで1時間早く帰る

定時でベルサッサ※をしたい時があるのだが、なかなか、うまく帰る事が出来ない。

※定時に流れるチャイムと同時にサッサと帰る事


突発の用事が発生したり、
帰り際、
上司から、「おい、あれどうなってる?」

 

後輩から、「教えて欲しいことがあるのですが。。。」

といったような感じで、

つかまってしまうこともしばしば。


そんな訳で、私は、定時で上がりたい時は、FLEXを使用することにしています。

17:45が定時だとすると、
17:15~FLEXを使用し、退社。


フレックスを使用すると宣言をする事により、
周囲にも、本当に早く帰りたいんだなと周知が出来るほか、
定時間際の急な依頼をかわすことが出来る。


なぜ、30分のFLEXで1時間早く帰ることが出来るかというと、
いつもなら、定時にあがろうとしても、
17:45ですぐにあがろうとしても、17:45にあがれることはまれ。

17:45~準備をし、そこから、問い合わせへの対応やらなんだかんだで、

18:45ぐらいになってしまう事がしばしば。。。

しかし、FLEXで17:15に退社する旨を宣言していれば、
遅くとも17:30には退社出来る。

 

つまり、いつもより、1時間以上早く帰る事が出来る。

ちょっと、タイトルがこじつけのような気もしますが、(汗)

フレックスのある職場で働いていて、
フレックスを有効に使えていない人には、
この、定時前の30分フレックス退社、お勧めです。


ちょっと遅れて出社する際のフレックスは遅刻?と思われ、
使いづらいのですが、少し早めに帰る程度であれば、やましい気持ちも無。

是非!


但し、連続して使いすぎると、ん???と思われるので、程々に。。。