読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

冷却塔の薬注業者選定

薬注に悩んでいる。

 

どこの業者の薬注にすべきか。

 

先日、3社の薬注業者にプレゼンをしてもらったのだが、

 

決める事が出来ないでいる。

・うちは濃度により、薬注量を調整します。

 (濃度が濃かったら、薬注の量を減らし、薄かったら量を増やし、過剰な量の薬注はしない)

 

・薬注タンクまで、薬液を搬入します。

 

・LDTが違います!

 (LTD:Leaving Temparature Difference 

  凝縮器冷媒出口温度-冷却水出口温度)

 要するに、凝縮器の伝熱管に汚れが付きにくいので、LTDが小さく省エネになるとのこと。

 

残るは、コストなのだが、

価格交渉については、残念ながら私には決定権は無い為、どの業者とするか選べないでいる。

 

悩んでいるところへさらに、これを設置すれば、薬注不要!という本当かどうか分からないものまである。

 

 

・何を指標に判断をしたらいいのか?

・業者の言っていることは本当なのか?

 

 

教訓:水商売恐るべし。

(本来の意味は違うかも知れませんが、水を扱う商売は恐ろしい。。。)