読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

施主へ転職するには

1.まず、応募する。

当たり前だと思うかもしれないが、応募しなければ始まらない。

施主の求人募集を見つけたら、そこに、応募する。

もし、行きたい所に、求人がなかったら、人材会社(リクナビnext、DUDA、ビズリーチ等)へ登録する。

 

2.タイミングを待つ。

施主側での募集は、常時という事は少なく、たまたま、欠員が出たとか、拠点を拡張するとかそういう時しかない。募集しているものを見つけたらラッキーである。

 

3.リアリティー

施主側で、新卒以外のキャリア募集をする時は、本当の意味での即戦力を求めている事が多い。

ここでいう即戦力というのは、ビル管的な即戦力というよりも、設計、調整能力。ゼネコン、サブコンへ聞かなければ分からない様な事に、答える事が出来る人は、歓迎される。

もし、ゼネコン、サブコンで仕事をしているのならば、常に、俺ならこうするなと考えている事が大切。

 

 

簡単に書くとこんな所。

私自身は、転職して良かったと思っている事も、失敗したと思っている事もある。

失敗した!と思っているのは、給料が安いという所。トホホ。。。

 

 

教訓:

施主側へなりたかったら、まず、応募。

募集していなかったら、人材会社へ登録し、時を待つべし。