読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

職場内モンスターとの付き合い方

仕事をお願いすると

「それって私がやらなきゃいけない事なんですか?」

 

直接仕事をお願いするのは、やめて、上司を通じて、お願いをすると

 

「私が、今、忙しいの知ってますよね!」

 

かといって、スルーしすぎると、

 

「そういうことは、私を通してって、言ってるでしょ!」

 

「私が、連絡するから、勝手にやらないで!」

(あの。。。連絡するだけで手を動かさないじゃないですか、

 それにあんたが、やらないから、俺がやってるんですよ)

 

何ヶ月も前に、お願いしておいた仕事を催促すると、

「私が、今、忙しいの知ってますよね!」

 (忙しい状況にしてしまったのはお前だろう!と言いたいが言えない。。。)

 

そんなモンスターの得意技

1.3分で出来る事を何日もやらない。

 すぐにやれば、終わるのに、手を付けない。そして、たまっていく。

 最後には、忘れられる。。。

 催促をすると、

「私が、今、忙しいの知ってますよね!」

「優先順位をつけて、仕事をしてるんだけれど!」

「あれもこれも、同時に、私に言わないで!」

 等々。。。

 

2.間に入る

 自分で手を動かさないのだが、やたらと間に入りたがる。

 「私を通してもらわないと困る!」と言う。

 若手のアシスタントに、「これ、お願い」なんて事を直接やろうなんてものなら、

 「私を通してもらわないと困る!」と怒られる。

 その他、社内の関係部署とのやりとりをする上でも、

 「私を通してもらわないと困る!」と怒られる。

 別に通しても何の利益も無い。

 ただ、通さないと怒られるというからこっちは通しているだけ。

 

3.出勤後のお化粧

 出勤は、就業時間ギリギリ。遅刻をしたらFLEXで処理。

 出勤したら、トイレにこもってお化粧。なかなか自席について仕事をしない。。。

 

 

こういう人と仕事をするのは疲れます。

でも、辞めさせるのも難しいようで、

ダイバーシティだとか、女性の権利だとか言って、彼女は守られています。

 

え、異動させればって?

異動先が嫌がっています。

あの人はよこさないでって言っています。

 

 

愚痴ばかり言っていてもしょうが無いので、以下、対策。

 

・何が忙しいのか、一体何をしているのかを、リストアップしてもらう。

 (手伝える事が無いか、あるいは、業務量の調整をしたいのでとお願いをしやってもらう)

 

・どういう仕事の流れでやっているのかのフローを作ってもらう。

 特に、どこに注意をしているのかを教えてもらう。

 例:連絡をするときは、まず、○○さんに連絡をしてから、その後○○さんに。。。

   ○○さんへ先に連絡をすると、ダメ等。

 

・誰でも出来る仕事しかやらせない。

 難しい仕事をやらせない。簡単でかつ、期限が短くない仕事がオススメ。

 具体的には、物品へのテプラ貼り等。

 テプラ貼りだけだと、あまりにも単純なので、物品のリストアップから、テプラを貼るまで一貫してやってもらう。

 (出来ない理由を言えない環境に追い込む)

 

・3分で出来る仕事は頼まない。

 やってもらえないのが分かっているので、頼まない。

 もし、頼んでしまった人を見かけたら、仕事をサルベージし、その仕事をやらせない。

 

教訓:

・君子危うきに近寄らず

 

 昨日、取引先から、

「○○さん(モンスター)に、○○を教えて下さいって言ったのですが、聞いてます?」

と言われたので、

「え?!、何日前ですか?」

と確認した上で、

「私が、調べて、連絡します。3分で出来る事を、何日もやらない悪い習性があるので、今後は、○○(モンスター)へは、そういう事は聞かずに、遠慮無く、私に聞いて下さい。」

と言って、3分後に取引先が知りたかったことを調べて連絡をした。

 

社外にも迷惑をかけてちゃいかん。。。

 

男女同権

男女同権

 

太宰治の小説。弱い男性が、女性と 同じ権利を持ちたいと訴えるというもの。

あ~、あるあるって思ってしまいます。