読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

結婚してから気付いた、自分と他者との違い

家庭 反省
妻は、よく舌打ちをします。
 
舌鼓ではありません。舌打ちです。
 
結婚する前、妻とデートしている時は、しなかったのですが、
今は、よくします。
(今、思えば、デートしている時、していたのかもしれないが気付かなかっただけなのかもしれない)
 
舌打ちをするタイミングとしては、
・音がうるさいとき
・他人が自分の思うように動かないとき
・モノを探しているとき
等々。。。
 
不思議と、1歳半の息子が、何かをこぼしたり、落としたりしても、舌打ちはしない。
 
息子に対しては、出来なくて当たり前、しょうがないと思っているのかもしれない。
 
しかし、私には、出来て当たり前、もっというと、やってもらって当たり前、出来なかったら、バカ、トロい、そう思っているようだ。
 
車を運転していて、「”そこ”で止まって」と言われても、そこがどこなのか、私には分からない。行きすぎて、もう!チッと舌打ちをされる。
 
「”あれ”取って」と言われ、
これ?と聞き返すと、
違う!チッと舌打ち。
 
「やっといてくれた?」と言われ、
何を?と聞き返すと、
分からないの?チッと舌打ち。
 
妻は、人にお願いをし、やってもらうという事のありがたみを分かっていないようだ。
 
こういう人に対して、
どうしたら、分かってもらうかと考えるべきなのか
それとも、多様性として認めるべきなのか。。。
 
結婚する前の私にアドバイス出来るのならば、
”結婚するなら、よく、考えてから結婚しろ”と言うが、
 
今の、私は、あきらめています。
つまりは、舌打ちも多様性としてあきらめています。
 
 
教訓
・結婚する前に、相手がどう育てられたのか、よく確認しておくべし。
 (出来れば、親御さんが、どう、娘さんに接しているのかを見るべし)
・結婚してから、気付いたら、多様性として認める。
 認められないなら。。。

 

奥様向けに、夫の違いについて書かれた本。

妻に、この本を読んで良く理解して欲しい。

 

夫は犬だと思えばいい。

夫は犬だと思えばいい。