読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

姫始め(秘め初め)体験記(姫と対面編)

エロヘロ

今年の話では無いのですが、過去の私(ヘロヘロ、ボロボロ時代)の体験記です。

 

 (下ネタ、性風俗ネタが嫌いな人は、読まない事をオススメします)

 

 

前回:待合室編はこちらです。

 

 

待合室で、トマトジュースを飲んでいた私に、

「○○(姫の名前)さんの準備が出来ました。」

 

とボーイさんから声がかかる。

 

ビジネスの世界で、自社の人を呼ぶ時は、呼び捨てで呼ぶのが通俗だが、

吉原のお風呂屋さんの世界では、姫は、姫。

さん付けで呼ばれる(ことが多いようだ)。

 

さて、姫の待つ部屋へ通され、

姫が、三つ指をついて挨拶。

 

いつもなら、いらっしゃいませと言われるところが、

正月なので、

「いらっしゃいませ

 新年明けましておめでとうございます」

と言われた。

 

部屋に入るなり、

「あ~、私の姫はじめ、ヘロヘロさんで良かった!!!」

とのリップサービスを受け、

初めて、姫はじめがという言葉を聞いた。

 

姫に、姫はじめって何?

と聞いた所、

「新年、初めてのH、ヘロヘロさんが、私の一人目!

私の姫はじめは、ヘロヘロさん!」

と言われた。

 

 

経験豊富な姫であった為、

過去にどんな姫はじめが記憶が残っているかを姫に聞いてみた。

 

ストレートに聞いても、煙たがられると思ったので、こんな感じで聞いてみた。

 

ヘロヘロ:「○○さんの姫はじめが、俺だなんて、ガッカリでしょ?」

 

姫:「そんな事、無いよ!」

 

ヘロヘロ:「去年の方が良かったとか、前の方が良かったとか、本当は、思ってるんでしょ?」

 

姫:「も~う!、私と姫はじめしないの?楽しまないの?」

 

ヘロヘロ:「・・・」

 

「なんだか、気になっちゃって」

 

姫:「去年は、おじさん。その前もおじさん」

 

ヘロヘロ:「そして、今年もおじさん!」

 

「おじさんは、分かるけれど、なんかあるでしょ?」

 

と前置きは長くなったが、

 

・年末の段階から、予約をしてくれていたお客さんがいた。

・年末の段階で、お目当ての姫に、予約が入っているということが分かり、、

 お金を積むから、その姫と、姫はじめしたいと交渉してきたお客さんがいた。

・地元の特産品を持って地方から姫、目当てに来たお客さんがいた。

等々、いろんなお客さんがいたそうな。

 

私の様に、営業初日に、当日予約をし、朝一番に入れる人は、珍しいそうな。

 

キャンセルが出て、たまたま入れたのかも知れない。

 

 

 

その後、姫と何をしたかは、ご想像におまかせします。

いつもと、それほど変わった事はありませんでした。

 

 

いつもと違っていたのは、

・ボーイさん、姫からの接客が普段でもすごい丁寧なのだが、

 今回は、スゴイ!!!と感嘆符を付けたくなるぐらい、すごかった。

 何というか、一言一言が、気持ち入っているなとおもう感じを受けた。

 

 

・御洗銭 (5円玉が入ったもの)をもらった事。

 こういうお店で、ご縁と言われても正直微妙。。。

 

 

・姫からのプレゼント

 キスマーク付きの手紙をもらいました。

 内容は、どのお客さんでも通じるような内容。

 

 

姫に、サービス料を渡して、現実に戻り、姫とお別れ、

姫は、私の後には、二人目のお客さんが待っている。

 

私の方は、

「お上がりなさいませ!」とボーイさんから促され、

待合室で、送迎車を待っていた。

 

教訓

・吉原で姫はじめしたいなら、予約は、前の年にしておくべし。

・姫は、お店の中でも”さん”付けで呼ばれる。

・待合室に戻る際は、”お上がりなさいませ”と言われる。

 (恐らく、風呂から上がるからだろう)