5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

おかげさまで、再就職先が決まりました

転職の難易度

 私の年齢は40を超えている。

 採用する側にとって、

 得体の知れない40代のおっさんを雇うのはリスク。

 何が出きる人なのか、どういう人なのかを知らずに採用することはあり得ない。

 

 30代前半にエージェントを通じて、今の会社に転職したのだが、その際、学んだのは、書類選考のハードルが高いということ。当時、簡単に転職出きると考えていたが、なかなか書類選考を通過できない。9割ぐらい書類で落とされる。つまり、通過できたのは1割以下。

 当時、面接まで行けたのは2社のみであった。

 

 書類で落とされた理由の多くは、求める専門性が違うというものであった。私がお世話になったエージェントは、インなんとかという会社のDOなんとか、であったが、エージェントが専門性がマッチした会社にエントリーしているので、そんなの納得出来ない。。。

(今思えば、学歴だったのだろうと思う)

 

 書類を通っても、その後、筆記試験を受け、結果が良くないと面接まで行けない場合もある。

 

 当時、筆記で落とされた会社もあった。

 

 話が前後するが、30代の私は、

  書類通過:3社

  ⇒筆記試験通過:2社

  ⇒一次面接通過:2社

   ⇒内定:1社 であった。

 

 本当、ご縁て難しいと感じていた。

 当時は、30代前半。

 今、40代。

 

当時と違うのは、年齢だけでなく、

妻子がいるということ。

 

独身の時は気楽だったが、

今は、違う。

 

妻からは、ことあるごとに、

”リストラされてる分際で、よく平気でいられるね?!”

と厳しい言葉を投げかけられる始末。

 

家族の為にというよりは、まず、自分の為に、この状況をどうにかしないと。。。

と思って、就職活動。

 

結局頼ったのは、コネ。

昔、建設業で働いていた時の仲間や、取引先を頼りました。
取引先の会社から、
”もし、よかったら、うちで、働きませか?”

と言われた時は、「本当にいいの?!」と涙が出ました。


自分を必要としてくれる人・組織があるのはありがたい。

更新頻度は、月一程度となるかも知れませんが、
再就職先が決まったので、ブログ更新します。

リストラ対象になりました

昨年末に会社から、
『会社が解散』する旨の説明を受けた。

私の会社はとある企業のグループ会社に勤めているのだが、
そのグループ会社の業務をアウトソース・縮小し解散をするとのこと。

要するに、私は、会社から必要の無いものと烙印を押された形

目の前が真っ暗になった。
(私自身の業務は、
ニッチな?!技術力が必要な仕事をしている為、そう簡単にアウトソースされないだろうと思っていたが、どうやら違ったようだ)

今まで、この会社給料安いな。

グループ会社とはいえ、親会社以上の働きをしているのだから、給料水準が親会社と違うのはオカシイ、やってらんない。


いつか、こんな会社辞めてやるとか思っていた。


だが、いざ、会社側から、
『あなたの業務はありません』と言われると、
なんとも言えない気持ちになった。
(『辞めて欲しい』というのは、退職強要?!にあたるので、会社はそういう言葉は使わない。うまいこと、辞めてもらう為に、微妙な言い回しで責めてくる。会社もバカじゃない。)


会社から宣告された当初、
会社に対して、汚いフェアじゃない等々の気持ちがあったのだが、
一息ついて、今、思うのは、
普通に働けるって、とてもありがたいことだと思わなきゃいけなかったな。。。と反省。

選択肢としては、
早期退職優遇制度を使用し、会社がアウトソースすると決めた企業へ転職
早期退職優遇制度を使用し、別な企業へ転職
・別なグループ会社に居残る
  の三つ

どの選択肢も不確かで、
アウトソース先の企業へ転職出来る保証もなければ、
別な企業へ転職出来る保証も無い。

かといって、親会社も含めた別なグループ会社に居残っても、
どうなるか分からない。意図的に、転勤をさせられるかも知れないし、どんな業務をさせられるかも分からない。

こんな状況で、新年を迎えることになり、
当たり前のことだと思っていたことも、
本当はとってもありがたいことなんだな。。。と実感。


今年の目標は何か?と聞かれれば、

次の就職先を見つけること

それぐらいしか思いつかない。

他にも、家族のことや、資格取得とか色々あるはずなのだが、思い浮かばない。

f:id:herohero-muryoku:20170108164415j:plain
マズロー欲求段階説、今更ながら、うまいこと言うな〜と思った。

人間の基本的欲求を低次から

・生理的欲求 (Physiological needs)
・安全の欲求 (Safety needs)
・社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)
・承認(尊重)の欲求 (Esteem)
自己実現の欲求 (Self-actualization)

としているのだが、
働けるということは、
第1及び2〜4の段階が認められるということであり、

今思えばとても重要なことだ。

 

40才を過ぎて、転職活動をはじめたヘロヘロより

 

完全なる経営

完全なる経営

 

 

飲み会に参加出来る幸せ

私は、飲み会に行っても、お酒は飲めない。

理由は、妻から飲むなと言われているから。

お酒は体に悪いから・・・とかそういうことではなく、
迎えに行くのが面倒だからとのこと。
(地方に住んでいて、駅からバスも何にも無い為、車か自転車は必須)

では、家族に迎えに来てもらわなければ、タクシーで帰ってもいいかというと、
そうではない。
もし、タクシーで帰ったら、
妻から、「あんたタクシーで帰れるほどお金有るの?」と責められ、小遣いを下げられること必至。

じゃあ、飲まなくて自力で帰れば遅くなっても良いかというとそうでもない。
子どもの寝かしつけに間に合う時間に戻らなければならない。


ああ、俺って可哀想だな。。。
そう思っていた。


先日、会社の労働組合役員の打ち上げの飲み会があった。
会費は組合費ではなく、自腹です。(キッパリ)

労働組合の役員というと、好きでやっている人は楽しいかも知れないのだが、
多くは、やる人がいなくて、お前やれと言われ、渋々受けたような
気の弱い人が私の廻りには多い。

 

その中で、飲み会に来られない人がいてその人の話になった。

仕事が忙しくてこられないのか?
→いや、毎日早く帰っている。

何か用事があるのか?
→それといって、用事は無いはず。

では???
嫁さんが恐くて飲み会に行けない。


それを聞いて、まだ、飲み会に行けるだけ、オレ、恵まれているな。。。と思った。


結婚する前は、
結婚で、その人の人生が変わると言われる事に対して、
それは女性向けの言葉だと思っていたが、
今は、男だって、結婚により人生は大きく変わる。


妻に、もっと自由を認めて欲しい気持ちはあるのだが、
今、出来る範囲の自由で満足するしか無いかとあきらめている自分がいる。


他者と過去は変えられないが、
自分と未来は変えられると言うが、

もし、自分を変えられるのなら、
自由をあきらめる自分を変えたい。

そう、オレは自由だ!と叫び、妻と戦うのだ!

 

でも妻は変えられないから。。。

と考え、自分を変えずにいる小さな自分がいます。

トホホ。。。

 

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)

 

 

 

 

 

PCを使っていて肘が痛くて買ったモノ

私の仕事は、デスクワークが主。

同じ姿勢で仕事をしている時間が長いせいか、体が痛くなることがある。

ここ最近ヒドイのは、肘の痛み

左の肘がイタイ。

肘がテーブルにあたるとイタイ
特に角にあたるとイタイ。


そんな訳で、
低反発リストレストミニを買ってみて肘のあたりに置いてみた。

  

 

結果は、解決せず。ダメ。。。

 

意外に肘を動すことを知らなかった。
PCを使用しているときは同じ体勢だが、
メモをとったり、マウスを動かす時に、微妙に肘を動かしている。

 

その反省を活かし、
今度は、キーボード用低反発リストレストを買ってみた。

 

 

これは当たり!

私が使用しているPCは、12.1インチのノートPCなのだが、
このサイズ 幅45.3cmなら、肘を多少左右に動かしても大丈夫。

f:id:herohero-muryoku:20161105151613j:plain


キーボードが大きい場合や、体格が大柄な方は、
キーボード用低反発リストレストを2個買うのもありかと思います。
(リストレストミニでは、肘を動かすとずれるのでダメ)

 

f:id:herohero-muryoku:20160902182239j:plain

上の画像では、リストレストミニも置いてありますが、

大きな方のリストレストのみで大丈夫です。

(私は、ケチって初めにリストレストミニを買ってしまったので、捨てるのももったいないので使っているだけ)

 

 

快適なデスクワークを!

 

二人目が生まれて、改めて感じた、妻の親の存在

先日、二人目が生まれました。

性別は女。

私が男性不妊だったせいもあって、子どもが出来れば、性別はどちらでもいいと
一人目の時は思っていたのだが、
二人目の時は、少し贅沢になり、女の子が良いと、妻が言っていた。
(一人目は、男です)

 

私自身、男性不妊で、妻から、
「あんたのせいで、子どもが出来ない!」

と罵られていたので、
二人の子どもが出来て、一安心。

と思いきや、そうでもない。

 

子どもが生まれたら、生まれたで、
こっちへのあたりが厳しい。

・お金が掛かるからと言われ、小遣いを減らすぞと脅された
 (只今、一生懸命、抵抗中・・・)
・上の子の赤ちゃん返りについて、なんとかするように言われている
 (男で、いくら頑張っても無理なものは、ムリで、やっぱりママ)
・”私は忙しいから”と言われ、公的な手続きその他を丸投げされている
 (前までは、私が届けに行ってはいたが、どういう手続きをすれば良いか等については、話し合って決めていった)
・一緒にいると、イライラするから、見えないところにいて!と言われている
 (くそ寒い部屋で一人過ごしている)
・長男と寝ると、イライラするから、長男と寝てね!と言われている
 寝るときは、長男と二人。長男は、ママに甘えたい盛りなので、長男にパンチされ続けている。


私は、子どもは一人でもいるだけありがたいと思っていたのだが、
妻は、二人はMUSTと、私に言い続けていた。

なぜ、二人以上なのか?と聞くと、妻は、妹との二人で育ってきており、
兄弟がいないとダメだとの事。

私にはよく分からないのだが、何が何でも二人と言っていた。


妻の親と同居していて思うのは、
妻に対して、影響が大きいのは、妻の母親。

私にとっては義母だ。

子どもが二人以上必要と言っていたのは、どうやら義母。

今思えば、妻が、長男を出産したときも、
「二人目ね!」と言っていた。


義母に、なぜ、二人以上なのか?と聞いたら、こんな答えが返ってきた。

・兄弟がいた方が良いから
・兄弟がいないと親がいなくなっても助け合って生きていけない
・兄弟がいないと、人間としてダメだから
といったもの。

では、一人っ子だとダメなのか?
と聞くと、

又、理屈を言って!と文句を言われた。

 

結婚をするにあたって、
相手がどういう育て方をされてきたのか?
相手の親がどういう人なのか? という事も大切だな。。。
と40歳を過ぎて、今更ながら、感じている。

 

 

プラモデル用の安価なおすすめのニッパーを見付けた!その名も”普通のニッパー改” by ゴッドハンド

息子がプラモデル付の食玩を持ってきて、

「パパ組み立てて!」と言ってきた。

じーじ、ばーばとスーパーマーケットに買い物に行った際、買ってもらったようで、
笑顔で迫ってくる。

よーし分かった!

組み立てよう!と言いたい所だが、悩ましいのは、道具。

食玩のプラモデルとはいえ、ここ最近のものは、結構細かい。

ハサミやカッターで太刀打ち出来るものではない。

ニッパーが必要だ。


電工ニッパーなら持っているので、それを使おうとしたが、ダメだった。

電工ニッパーは、配線を切る事を目的としている為、刃先がフラットじゃない。

f:id:herohero-muryoku:20160925163802j:plain

フラットでないと、カッターか、やすりで加工しなければならない。


やむを得ず、電工ニッパーをあきらめ、
カッターを使うことにした。
ランナーから切り離すことに、悪戦苦闘していると

息子は、「まだ?」と言い、

妻は横で、「遅いね」と言ってくる。

なんとか組み立て終わっても、
あまりに時間がかかったせいで、微妙な雰囲気。

パパの下部は、下落の一途。。。

 

道具が悪い!!!
プラモデル用のニッパーが手元に無いんだから、
時間が掛かっても、しょうがないだろ!!!

と言いたい気持ちを抑え。

時間掛かっちゃったね(汗)と笑ってごまかすのが精一杯だった。

もし、道具のせいにしていたら、
妻から、
「また、そうやって言い訳する。」
「あんたは、いつも言い訳ばかりじゃない!!!」
と言われるのが落ちだ。トホホ。。。

 

数日後、息子が、又、プラモデル付の食玩を持って来て、

「パパ作って!」と言ってきた。

以前の記憶がよみがえり、
私の思いとしては、作りたくない。。。

どう、作らずに逃げるかを考えてみた。

妻に、「作ってみたら」と言った所、

妻:「私は作らないよ」

 (妻は、口は出すけれど、手を出すタイプでは無い)

ヘロヘロ:「でも、手先得意じゃない?」

妻:(否定もせず)そうだけれど、いいよ、あんたが作れば」

ヘロヘロ:「オレ作ると、時間掛かるから・・・」

妻:「いんじゃない、時間掛かっても」

妻と話しても、いつも私が負けることになっている。

(いや、私が負けるように、話しているのかも知れない)

そんな訳で、
退路を断たれた。。。

 

こうなったら、息子を説得。

ヘロヘロ:「パパ、作るのに時間がかかるけれど、良い?」

息子:「いいよ、待ってる」

そんな訳で、再びカッターを使い、悪戦苦闘しながら作った。


おい、待てよ。

一度あることは、二度ある。二度あることは三度ある。

又、プラモデルを作ることになったら。。。
と思って、プラモデル用のニッパーをネットで探してみた。

Amazonで、”プラモデル用” ”ニッパー”のキーワードでいざ探してみると
高い!!!

 

ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー 5.0

ゴッドハンド SPN-120 アルティメットニッパー 5.0

 

 

おいおい、四千円台ってなんだ?!

評価はすごいけれど、そんなに高級品はいらない。

評価が良くて、値段がもっと安い物では、
タミヤのニッパーが二千円程度であったのだが、

 

 私にとって、二千円は十分高級品。

 

安い物もあるのだが、評価が両極端で、悩む。。。

 

ベビーニッパー (D-1)

ベビーニッパー (D-1)

 

 

ネットをあきらめ、リアル店舗で探すことにした。

百均(ダイソー)で探してみるも、私が行った店舗がたまたまだったのかも知れないが、
電工ニッパーはあるのだが、プラモデル用のニッパーは無い。

次に行ったホームセンターでは、
プラモデル用というか、プラスチック用のニッパーはあるのだが、
金額はほとんど三千円台。


しょうが無く二千円台のニッパーを買おうとAmazonでポチッとしようとした所、
もしや、楽天は?と思い
”プラモデル用” ”ニッパー”のキーワードで検索してみた。

 

その名も”普通のニッパー 改”


 


オレが求めていたのは、こういうの!

高級品で無くていいから、普通に切れればいい。

そう思って、ポチッと購入。


数日後、商品が届いた。
送り主は、ゴッドハンド
上述した約四千円する高級ニッパーを作っている会社と同じ。

 

所在地は、新潟県三条市
金物加工で有名な土地柄。

 

送り主が、”ゴッドハンド”と大きく書いてあって、家族からは、
大人のおもちゃでも買ったのか白い目で見られていたが、
プラモデル用のニッパーであることを説明し、事なきを得た。


届いたものを見てみると、
刃先にカバーが付いていて、親切な第一印象。

f:id:herohero-muryoku:20160924175208j:plain

刃先には、JAPANの刻印有。

ニッパーには、ラッチがあって、

f:id:herohero-muryoku:20160925164301j:plain


それを外すと、全開まで大きく開くことも可能で、便利。

f:id:herohero-muryoku:20160924175331j:plain

実際使ってみても、切れ味も、問題無し。

さすがは、
MADE IN JAPANだ。

 

もう、これで、プラモデル付の食玩が来ても恐くない。

さあ、息子よ。

プラモデルを持ってこい。


おっと、ここで疑問が。
普段、妻と義母(妻の母)から、子どもをモノで釣るなと言われており、
私が、お菓子やおもちゃを息子に与えると、すごい勢いで私が怒られる。

私が、以前、息子にミニカーを買って帰ったら、
妻と義母に、
「子どもをモノで釣るなんてサイテー!!!」

とケチョンケチョンにけなされた。

逆に、じーじ(義父)、ばーば(義母)が食玩を息子に買い与えても何もおとがめが無い。


こういうのって言行不一致だと思うのは、私だけだろうか。

いや、そんな事、考え無いことにする。


妻の実家に暮らしていると、理不尽な事が色々あって、
社会で苦労して学ぶ事も、この家族では、当たり前のように学べる。

なんてありがたい家族なんだ。
(と思う事にする)

 

”普通のニッパー改” 

送料は、ネコポスを選択すれば¥200  (2016/09/25現在)


 

オススメです。

 

車のヘッドライトの黄ばみ落しをしてみた

妻から、「あんたの車、ヘッドライト黄ばんでるよね」と言われた。

はぁ!
あの~、妻の車がキレイなのは、新車だからであって、
おいらの車は、10年落ちの中古車なんですけど~。。。

と言いたい気持ちを抑え、

「そうかな?」と答えておいた。

 (反論すると、面倒なことになるので、
 肯定したくない時は、疑問文で会話をするのがポイント)

又、洗車しろって言われるのか?!
ヤレヤレ。。。と思っていると、

妻:「こんなの買ってみたんだけれど」

 

 

ヘロヘロ:ふ~ん、そんなんで、キレイになるのか?
 と思いつつも、
 「すごいね!」と答えておいた。
 (反論してはイケない。。。)

妻:「やってみたら?」

ヘロヘロ:やるのオレかよ。やってくれないのかよ。。。
 と思いつつ
 「どうやってやるの?」と聞いて見た。

妻:「説明書に書いてあるから」

そう言われ、説明書を見てみた。
概要としては、
まず、同梱の不織布に、ベースクリーナーを垂らし、
ヘッドライトの汚れを取る。

その後、同梱のスポンジに、ハードトップコートを数滴垂らし、
染みこませ、その後、ヘッドライトで塗り広げる。

乾いた後、同梱のスポンジの裏面で、拭き取る。
というもの。

そんなに難しくなさそうだ。


実際、やってみました。

・作業時間 15分程度

 

・効果
 Before

f:id:herohero-muryoku:20160910105316j:plain


After

 

f:id:herohero-muryoku:20160910112937j:plain

 こんな感じ。
 思ったより、効果ありました。

f:id:herohero-muryoku:20160910113155j:plain


妻に報告したら、
「でしょ~!」


「エンジンの調子も問題無いし、
 これで、次の車検も、大丈夫だね」と言われた。


以前、ディーラーに、
ヘッドライトの汚れを落とすこと出来ますか?
と聞いたことがあるのだが、10年落ちの車なので、どこまで落ちるか分からない。

抜本的に対応するのであれば、ヘッドライト毎交換した方が良い、
見積は、片側 5~6万円以上・・・と言われていたので、
それなら、乗り換えるか?!と妻と話していたのだが、
これで、乗り換えの話は無くなりました。

 

 

 

楽天