5時からサラリーマン(男)の生態

ジャンルはテキトウ、内容もテキトウ。思いついたまま書いています。

リストラ発表前日の家族の会話

なんだか、妙な感じがしていた。
明日、会社で、社員全員集合の会議がある。

以前、全員集められた時は、他事業場閉鎖の発表だった。

今回は、私のいる場所が閉鎖?!
いや、設備投資をしているし、次年度の予算もついている。それは無いだろう。

だとしたら、雇用のことか?


昨年、今まで、社員でやってきた業務を他社に委託し、その社員に希望退職を迫るということがあったので、その延長か?!

 

そう思って労働組合の会議で、持論を言ったら、奇人変人扱いされた。だれも、そんなことを考えていない。

 

まさかとは、思いつつも、
重い口調で話しても、なんなので、軽い口調で、帰宅後、妻に、
「明日、会社で、具体的な内容を知らされていない社員全員集合の会議がある。もし、リストラの発表だったらどうしよう」
と話した。

妻の回答は、
「私、公務員だから」
「民間は大変だよね」

というものだった。

「もし、オレがリストラされたら、どうする?」と食い下がって聞くと、

「私が働いてるから、大丈夫だけど、給料下がるのは、嫌だな。
失業する前に、次の仕事見つけてね。」

と言われた。

妻のすごい所は、
こう言う時、何言ってるの?!的な対応ではなく、冷静に家計のことを最優先に考えている所だ。

残念なのは、愛よりも金優先ということだ。

 

翌朝、リストラ発表当日。

「もし、何か、重大な発表だったら、連絡するね」そう言って、家を出た。


教訓:
家族で何を優先にするのかを話し合っておくのは良いかもしれない。

ちなみに、我が家では以下の順みたいです。
・お金
・健康
・家族で過ごす時間
 等々、、、

 

健康よりお金が上なのは、
お金があれば、病院に行けるからだそうな。
健康を崩してまで、お金を稼いで何になるとの考えもあるが、過労死で死ぬなら、その分お金も入るしと妻は言ってます。

 

家族で過ごす時間の順位が低いのは、亭主元気で留守が良いそうな。

トホホ。。。

 

リストラ発表前日の労働組合の職場会

以前、私は、労働組合の役員をしていた。
進んで、引き受けたわけではない。

 

前任者から、どうしてもとお願いされた。
断れば良かったのかも知れないが、いつかは、やらなきゃならないとおもって引き受けた。

 

そんな時に、会社は、リストラ!

リストラの時に、労組の役員をやるって結構ヘビー。

 

前回、ブログにリストラ発表前のことを、書いたが、今回は、労組役員として、どう取り組んだのかを少し書きます。

 

リストラ発表前。
まだ、社員・労働組合の組合員は、リストラのことを知らない。

 

休暇取得を予定していた人までも、半強制的に出席させてまで、社員を全員集合させ、会議をするなんて、怪しいなとおもっていた私は、
その会議の前日にあった労組の職場会でこう伝えた。

 

「明日の会議は、ひょっとして、会社側は、雇用のことを言ってくるかも知れない」

 

「労組としても、出来ることはするつもりだが、出来ることは、限られている」

 

「冷たいことを言うようだが、最後は、自分で判断して決めることになる。最終的には、どんなことがあっても、後悔しないように、各自で対応して欲しい」

 

会議に参加していた労働組合員は、皆、ポカーンとしていた。

 

まさか、翌日、リストラの発表を会社がするとはおもっていないようで、会社の部長に、ヘロヘロが、変なこと言ってましたよ。あいつおかしいですよ。なんて、言う始末。

 

奇人変人扱いされても、私としては、これを伝えていたおかげなのか、


「私の人生どうなるんですか?!
お願いですから、助けて下さい!」


なんて、頼られなくて済んだ。

 

教訓:
・リストラの発表前日でも、雰囲気にすらほとんどの人は気付かない。
労働組合は、相談には、のってもらえても、助けてはもらえない。(助けられない)
詳細は後日、書きます。
・リストラの雰囲気を感じて、それを口外すると奇人変人扱いされる。

 

 

リストラ、早期退職の思い出

リストラ、早期退職 と聞いて、プラスのこと考える人は、少ないかも知れない。

だが、今の私にとっては、プラス。
何がって、早期退職の優遇金をもらったうえに、転職して年収が上がった。

マイナスなことは、
通勤時間が長くなったことと、
出張、残業が多くなり、自分の時間が取れなくなったこと。

その他、嫌なことは、もちろん、多々あるが、
今は、肯定的にとらえられている自分がいる。
(少し、意地になって、意図的にプラスにとらえようとしているのかも知れないが)

これから、何回かに渡って、リストラされた側の思い出を書いてみます。
今回は、リストラの気配を感じるまでを書いてみます。

なんだか、怪しいなとおもったのは、
職場の同僚が、振休を取得しようとしたところ、
「大事な会議があるので、別な日にして欲しい」と上司から言われた。

すんなり、ハイ、分かりましたという人なら、それで、話は終わるのだが、
同僚は、引き下がらなかった。

振休は、権利であるとともに、義務なのであって、休日出勤する際、あらかじめ休む日を指定しており、その指定した休みを、会社側が変更して欲しいというので、あれば、振休→代休となり、給料の割増分が発生する。

給料割増分は、払うので、その日は、休まないで欲しい。
さらに、同僚は、その日に、旅行を計画していたようで、上司に、なぜ?、なぜ?と楯突いていた。

上司は、上から言われているの一点張り。

今まで、こんなこと、無かったので、会議の内容が何なのかが、気になってしょうがなくなっていった。

こういったように、相手が話したがらない時は、オープンクエスチョンで、
何の話をするのか?と聞くよりも、
クローズドクエスチョンで、
○○の話ですよね?と聞いて、YES、NOで、答えてもらうのがいい、そう思って、上司に聞いてみた。

ここ最近、業務の標準化、マニュアル作成、工数管理等の話が多かったので、
その話ですか?と聞いてみた。

上司は、そう聞いている
と答えてくれた。

上司のその上(仮に、佐野部長としておく)に聞いてみた。

佐野部長、
今の会社の標準化の進め方は、おかしいですよ。
そもそも、標準的な業務が何かを分かっていない本社の○○さんが、進めていて、これでは、会社は、良くならないし、
工数管理と称して、どの業務に、何の時間が計るのはいいが、果たして、まともなデータになっているかが不明。
私なら、○○して、というようなことを、口走ったところ、

佐野部長の表情が変わっていった。
怒るかと思いきや、もう、いいんだよ。というような感じの暗い顔だった。

当時、私がこんなことを言ったら、顔を真っ赤にして、文句を言う前に、他にやる事があるだろう!と、持っているペンを振り回しながら、言うようなパワハラ全開?!の人であったが、この時は違った。

この時、私は、もしや、雇用のことを、会社は発表するのでは?とおもった。
そして、それが現実となっていった。

教訓:リストラ施策が行われる前には、何かしら予兆があるが、分かりにくい。
休暇取得予定者まで、引っ張り出して、全員参加させるような会議があれば、要注意。

 

建設業 もっと楽だと思っていた

転職先での仕事について
もっと、時間に余裕があると思っていた。

私のキャリアの概要は
建設業→施主側に転職。
→早期退職し建設業に転職。
というもの。

前職は、オーナー側、施主側、発注者側で仕事をしていたのですが、今は、施主、設計事務所、ゼネコンさんから、厳しい要求をされてます。

私のように、働き盛り?!の年齢で、
施主側から、建設業に転職する人は、レアなので、貴重に扱ってもらえると思っていた私がバカでした。

世の中そんなに甘く無い。
発注者側での経験を活かして、なんてことは、ほぼ無く、元建設業の経験で、仕事をしてます。

建設業は、今、バブル期超えの忙しさ。
'現場'を経験したことのある人は、現場に行かないまでも、設計、作図といったことを求められる。

自分の価値は?
何なのか?と考えた時、
新卒で入った会社での現場経験が一番でかいんだろうな。。。
と思います。

画像は、忙しい時の時間履歴、睡眠時間のログ。

 

f:id:herohero-muryoku:20191204185118p:image
f:id:herohero-muryoku:20191204185124p:image

 

戻って来ました。建設業に。

ごぶさたしてます。

タイトルの通り、戻って来ました!

建設業!

 


ブログの更新は、私が怠けていたのもありますが、

建設業の忙しさをなめてました。

 


転職してから、時間も経ち、

今の仕事に少し慣れてきて、心の余裕が出来てきたので、ぼちぼち更新したいと思います。

 

ヘロヘロ

おかげさまで、再就職先が決まりました

転職の難易度

 私の年齢は40を超えている。

 採用する側にとって、

 得体の知れない40代のおっさんを雇うのはリスク。

 何が出きる人なのか、どういう人なのかを知らずに採用することはあり得ない。

 

 30代前半にエージェントを通じて、今の会社に転職したのだが、その際、学んだのは、書類選考のハードルが高いということ。当時、簡単に転職出きると考えていたが、なかなか書類選考を通過できない。9割ぐらい書類で落とされる。つまり、通過できたのは1割以下。

 当時、面接まで行けたのは2社のみであった。

 

 書類で落とされた理由の多くは、求める専門性が違うというものであった。私がお世話になったエージェントは、インなんとかという会社のDOなんとか、であったが、エージェントが専門性がマッチした会社にエントリーしているので、そんなの納得出来ない。。。

(今思えば、学歴だったのだろうと思う)

 

 書類を通っても、その後、筆記試験を受け、結果が良くないと面接まで行けない場合もある。

 

 当時、筆記で落とされた会社もあった。

 

 話が前後するが、30代の私は、

  書類通過:3社

  ⇒筆記試験通過:2社

  ⇒一次面接通過:2社

   ⇒内定:1社 であった。

 

 本当、ご縁て難しいと感じていた。

 当時は、30代前半。

 今、40代。

 

当時と違うのは、年齢だけでなく、

妻子がいるということ。

 

独身の時は気楽だったが、

今は、違う。

 

妻からは、ことあるごとに、

”リストラされてる分際で、よく平気でいられるね?!”

と厳しい言葉を投げかけられる始末。

 

家族の為にというよりは、まず、自分の為に、この状況をどうにかしないと。。。

と思って、就職活動。

 

結局頼ったのは、コネ。

昔、建設業で働いていた時の仲間や、取引先を頼りました。
取引先の会社から、
”もし、よかったら、うちで、働きませか?”

と言われた時は、「本当にいいの?!」と涙が出ました。


自分を必要としてくれる人・組織があるのはありがたい。

更新頻度は、月一程度となるかも知れませんが、
再就職先が決まったので、ブログ更新します。

リストラ対象になりました

昨年末に会社から、
『会社が解散』する旨の説明を受けた。

私の会社はとある企業のグループ会社に勤めているのだが、
そのグループ会社の業務をアウトソース・縮小し解散をするとのこと。

要するに、私は、会社から必要の無いものと烙印を押された形

目の前が真っ暗になった。
(私自身の業務は、
ニッチな?!技術力が必要な仕事をしている為、そう簡単にアウトソースされないだろうと思っていたが、どうやら違ったようだ)

今まで、この会社給料安いな。

グループ会社とはいえ、親会社以上の働きをしているのだから、給料水準が親会社と違うのはオカシイ、やってらんない。


いつか、こんな会社辞めてやるとか思っていた。


だが、いざ、会社側から、
『あなたの業務はありません』と言われると、
なんとも言えない気持ちになった。
(『辞めて欲しい』というのは、退職強要?!にあたるので、会社はそういう言葉は使わない。うまいこと、辞めてもらう為に、微妙な言い回しで責めてくる。会社もバカじゃない。)


会社から宣告された当初、
会社に対して、汚いフェアじゃない等々の気持ちがあったのだが、
一息ついて、今、思うのは、
普通に働けるって、とてもありがたいことだと思わなきゃいけなかったな。。。と反省。

選択肢としては、
早期退職優遇制度を使用し、会社がアウトソースすると決めた企業へ転職
早期退職優遇制度を使用し、別な企業へ転職
・別なグループ会社に居残る
  の三つ

どの選択肢も不確かで、
アウトソース先の企業へ転職出来る保証もなければ、
別な企業へ転職出来る保証も無い。

かといって、親会社も含めた別なグループ会社に居残っても、
どうなるか分からない。意図的に、転勤をさせられるかも知れないし、どんな業務をさせられるかも分からない。

こんな状況で、新年を迎えることになり、
当たり前のことだと思っていたことも、
本当はとってもありがたいことなんだな。。。と実感。


今年の目標は何か?と聞かれれば、

次の就職先を見つけること

それぐらいしか思いつかない。

他にも、家族のことや、資格取得とか色々あるはずなのだが、思い浮かばない。

f:id:herohero-muryoku:20170108164415j:plain
マズロー欲求段階説、今更ながら、うまいこと言うな〜と思った。

人間の基本的欲求を低次から

・生理的欲求 (Physiological needs)
・安全の欲求 (Safety needs)
・社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)
・承認(尊重)の欲求 (Esteem)
自己実現の欲求 (Self-actualization)

としているのだが、
働けるということは、
第1及び2〜4の段階が認められるということであり、

今思えばとても重要なことだ。

 

40才を過ぎて、転職活動をはじめたヘロヘロより

 

完全なる経営

完全なる経営